話すことの二倍、人から聞くべきである。

話すことの二倍、人から聞くべきである。
――デモステネス、古代ギリシアの政治家

なんとなれば、神は口を一つ、耳を二つお与えになったのだから。

 かつての属州アエギュプトゥス、属州シリアでの不埒な騒乱。
 やはり我がローマが地中海沿岸を征服し、治めているべきなのだ。
 皇帝と法の秩序、軍団の圧倒的武威の下、普く人民を支配し、総べる。
 それこそが唯一の平和への道なのである。

 よって帝国の再建こそが世界平和に繋がるのだ。
 秩序を乱す不心得者は我が軍団の全力を以て、都市ごと……蒸し暑い。
 そして、あたかも帝国滅亡まで内乱や反乱は無かったかの様な物言いをする恐るべきローマ脳。
 全ては気候の成せる業なのであります。

 彼の国は大変な事になっているようですが、こっちは相変わらず冷蔵庫に入ったり、鼻にソースを突っ込んだり、平和ですね。そういう事をする人は昔も今も同じくらいの割合でいるのでしょうけれど、色々な情報ツールが手軽に誰でも使える様になって可視化したってことでしょうか。自分もこれ以上妙な振る舞いをしない様に気をつけよう、と肝に銘じた次第です。もっとも、魔が差す時は客観視など出来なくなっているのでしょうけれど。
 
 暑いのはしょうがないですが、この湿度は…呼吸がしんどいくらいに空気が粘っこい。夜は大分涼しくなってきましたか。昼はあまりにじっとりしているので頭がおかしくなり、危うく帝国再興を目指して僭称帝にジョブチェンジするところでした。
 
 とりあえず帝国北方の精強なる軍団を纏めて帝権の確立を目指しますね。…比較的涼しそうなので。
 で、避暑地気分で南下せず、アルプス越えはだるいとか何とか、だんだん面倒くさくなってきて、
 ぐずぐずしているうちに業を煮やした部下に暗殺されちゃう流れでお願いします。

 いや、別に暑くなくてもそんなことばかり考えているのです。
 色々と手遅れですね。

 来月、Total War: Rome IIが無事購入できれば、さらなる悪化の一途を辿る可能性が…。
 "おま国"いかに処するべきか。


・それは誰の利益のためにあるのか

 既に今更な感も否めず、私は副総理の支持者というわけでもなく、例の改憲草案についても懐疑的ではありますが、物議を醸した例の発言の要旨は、全文を読んだ限りではマスコミが騒ぎ立てていたのと逆の意味ではないかと。
http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY201307310772.html
 よりにもよって記事をここでしか見つけられなかったのは申し訳ないですが。
 単純に、かの歴史的経緯に学び、注意せよ、と述べているのでは。

 そもそも民主主義国家を標榜する国で公人が独裁政権を認める様な発言をしたら、即座に非難されるのは小学生でも分かるわけで。流石にそこまで頭がアレな人はいないと思うのです。そう思いたい…。鳩云々とかいう比類なき方については、こいつぁやべえな、と戦慄しましたが。

 21世紀になってもローマ人を僭称し、帝国の復活を目論む私の様なパラノイア時代錯誤な輩が酔っぱらって口にするならともかく、そんなリスクのある発言をわざわざする人は、特に立場のある公人ならあまりいないのではないかと。被虐趣味の人でもなければ、何の益もありませんし。

 むしろ法や権力を恣にしたり、己の権限拡大を狙った野心溢れる政治家なら、そんな事はおくびにも出さず、発言には細心の注意を払って狡猾に着々と計画を推し進めるのではないでしょうか。私ならそうします。
 我等がアウグストゥスが共和政体維持を表明し元老院を安堵させつつ、着々と権限の集中を図り、その果てに元首政が実現した様に。とりあえず我が帝権樹立の暁には酒税の撤廃を目指します。夢が小さい……。いや、荘重な公衆浴場を各地に建設し、お手頃な料金で入れるようにします。でかいのは建物だけか…。まさかのハコモノ行政!何そのグリーンピア。ローマ帝国は既に極東で復活していたんや!

 いつの間にか僭称帝、夢を語る、みたいなコーナーになってますが、それは置いといて。
 もし副総理の主張が異なるものであったのに、内容を意図的に摘まんで騒ぎを煽ったとするのなら……。
 まるで自分で火をつけて火事だ、火事だ、と大騒ぎした挙句、何事だと集まった人達から見物料を集める様なものでは。はたして誰が得をするのか、マスメディアは何の為に存在するのでしょうね。ただ、財務諸表や株主にスポンサーの為だけ?

 で、野党の方々は謝罪して辞任しろ、と大騒ぎ。自己の価値や評価を高めるでもなく、競争相手の足を引っ張って引きずりおろす事に注力している。良く知りませんが、そんな事に時間や労力を空費している余裕があるのかと。

 もちろん、繊細な取り扱いを要する単語をまんまと拾われて、お祭り騒ぎにされてしまう、というのも立ち場ある政治家としてはお粗末であるとは思います。何度同じ手口で足元をすくわれたら気が済むのかと。
 そもそも発言の構成が分かりにくく、話題が錯綜し、流れ去る言葉をその場で解釈しなければならない聞き手に配慮しているとも思えません。
 おまけに幾つか用語や歴史的事実への誤認もある様に見えます。これほど影響力のある地位についても周囲に発言や筋書きについてアドバイスするスタッフがいないのでしょうか。戦場に防具無しで突っ込む様なものかと。

 同時に周囲の反応も、どの様な論旨で用いられたかを精査する前に、幾つかの単語に脊髄反射的反応を引き起こしている様に見え、ただ冷静な考察や議論を妨げているだけなのでは。むしろそういう現象の方が思考停止や観察眼を曇らせる事に繋がるのではないかと危惧する次第であります。

 それこそ恐れている全体主義や独裁政権の成立に必要な条件なのでは。”言葉狩り”って奴ですかね。どんな悪逆非道の限りを尽くした組織であれ、人物であれ、等しく議論の対象であるべきでしょう。辞書からその言葉を抹消しても何の解決にもならないでしょうし。

 これは内容以前に双方の技術上の問題かとも思いましたが、海外メディアの批判に風見鶏の様に同調する国内のそれには何ら哲学が見えないし、国や国民が被るであろう無用の損害について深く考えているとも思えません。
エジプトやシリアの様な表立った流血沙汰や騒乱も厄介ですが、こういう明確な形の無い問題も薄気味悪く、そして酷く情けない様に思えます。

 しかし、立て板に水を流す様に流麗なる弁舌を振う政治家達、公明正大にして明敏比類なき報道、嗚呼、随所に叡智満ちたる我が国の何と偉大なることよ!あまりのレベルの高さに思わず目頭が熱くなってしまいますね。

 それにしても世紀を超えて遥か極東の島国を揺るがす総統閣下の畏怖すべき影響力たるや!
”死せる孔明生ける仲達を走らす”とはまさにこの事なり。

 こういう事を言ってると怒られちゃうのでしたっけ。


・目には目を

 今回は古バビロニアよりハンムラビ法典とハンムラビ王ということで。
 もう少しで完成するという所で陛下がちょっかいを出しに来たところですかね。
 
 ハンムラビ王と法典

 職人「また仕様の変更ですか?納期は伸ばして貰えるんですよね?」
 ハム「ならぬ」
 職人「ギャーー」

 そんな史実は無いと思いますが。

 約3,800年前の法です。現代になっても目には目を、歯には歯を、のフレーズで様々に引用され、概ね報復や復讐を正当化する意味で用いられますが、実際はそう単純な法ではないようです。
 細かい事はまた次回。元気があれば。

 レプリカは池袋のオリエント博物館でいつでも見られます。小さい博物館ですが他にも色々展示されており、結構面白いので池袋で時間を潰す必要が出来た時はおすすめです。


 それでは今回はこの辺で。
 完成したらまたお会いしましょう。

 皆様にシャマシュとマルドゥクの加護があらんことを!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

軍団兵履歴

Legionarius

Author:Legionarius
主に世界史・戦史(東西問わず)の絵を描いております。

形式:Legionarius
状態:製造年月日から30年以上経過
使用燃料:Laphroaig,Bowmore,
Ballantine(12年が好ましいが財布が薄いのでfinest)
エンジン形式:惰性型酒冷4ストロークバルブ108気筒
始動形式:諦念あるいは深い溜息
搭乗機:CBR600RR07白→CBR1000RR2012に機種転換(乗り手に過ぎる良い機体ですがハイオクは財政が……)

音楽:(Bill Evans, Miles Davis, Dvořák, Linkin Park, Rammstein, Killswitch Engage, Enigma外)気に入れば何でも。

書物:ノンフィクション、歴史(ローマ史、古代ギリシャ,WW2外)、SF(ホーガン、ハインライン外)、最近はOsprey社の本ばかり。主にマクブライド先生のやつばかり。

漫画:(大陸軍は世界最強とかアララララーイとか)雑食。

ゲーム:ROME TOTAL WAR、MEDIEVAL TOTAL WAR
     CALL OF DUTY、S.T.A.L.K.E.R、SILENT HUNTER外

好きな陛下:Marcus Aurelius Antoninus、Flavius Claudius Julianus
好きな甲冑:ロリカ・セグメンタータ
好きなヴァンツァー:フロスト
好きなマクナブ:受領通知!!、カチカチ、カチカチ、続刊はいつですか。
以下、好きなギボン、サトクリフ、パウルカレル、スティーブンハンター、フォーサイス、ルカレ、エルロイなどと八万行に渡って続くので割愛。

辺境報告
往復書簡
オスティア港
記録抹殺刑を免れしもの
軍団基地施設案内
忠誠宣誓をした軍団兵の人数
神託を得る
pixiv
RSSリンクの表示
街道網
同盟申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード