この軽薄な赤!間違いねぇ

この軽薄な赤!間違いねぇ。アラバマのお袋にいい土産が出来たぜ。
――ドナルド・カーチス 水上戦闘機パイロット 紅の豚より


 どうもこんばんは。
 だいぶ経ちましたね。ジャンルが日記になっているあたりが実に詐欺臭い。

 別段大きな事件もなく、休日に酒を飲み、諸事情により庭に穴を掘り、埋め戻して、本や漫画を読んだりしていたらあっという間に時間が経ってました。酔生夢死も善き哉。むしろ本望。


・二輪の話

 CBR600RRを手放して1年と3ヶ月…。野蛮なる現世を啓蒙し、暗き世に光を齎すローマの市民にしてエクイタス(経済階級、騎士階級)たるものいつまでもその足を土埃に汚し、一頭の馬も無い生活に甘んずる訳には行かぬ、というわけで四号機獲得計画が始動。いつから一介の軍団兵から出世したのか知りませんけど。
 懸念事項となっていた駐車場問題が多少の土木作業への労働力提供と言う対価によって解決したので、常の無気力にして緩慢な所作が嘘の様に迅速にCBR1000RRの購入契約締結に踏み切り、めでたく納車となりました。同じタイプで同じ排気量のバイクは各社幾つかあるので色々選ぶ余地もあったのですが、前もCBRだったし、近所にホンダの店があるし、デザインもここ数年のモデルの中ではマシに見えるので引き続きホンダにしました。

 欧州版の出力172PSと比べ118PSまで抑制された国内版は少しもったいないし、力を抑える事で無用の負荷を受けるであろうエンジンも可哀そうな気もしますが、それでも公道を行くには十分、というかパワー過剰には変わりないかと。そもそも二輪は重量からしてエンジンが走っている様なものですから当たり前と言えば当たり前ですけど、車重との出力比が結構凄い事になってます。自分の様な普通の人が乗っていいものなのか、と…。
 CBR600RRの時も思ってましたが、この手の二輪で公道を走るのならテクニック以上に自制心が要求されるのではないかと思われます。特に技術に優れぬ私の様な人には。無論技術はあるに越したことはないのでしょうけれど、マシン自体の、その手に余るパワーを暴走させないように抑えるのも肝要に思えます。ついうっかりスロットルを捻ろうものならあっというまに免停ですし…。

 何にせよ、くたばってニライカナイあるいは根の国、ゲヘナまたはシェオル、ヴァルハラやらエリュシオンやらコーサル河のほとりに行ったり、あるいは微妙にくたばり損なって鴎外の“高瀬舟”や映画の“ミリオンダラーベイビー”とかヴァンサン・アンベールの“僕に死ぬ権利を下さい”とか“海を飛ぶ夢”みたいな事になって家族の皆様に手間を取らせるような事の無い様乗りたいものです。無論、任意保険はしっかり掛けましょう。

 そういえばユダヤ教においては他宗教に見られる様な天国、地獄という明確なあの世の概念が見られず、強いて言うならヤハウェが約束し、メシアが実現する民族の理想が顕現した世界とそれが実現していない世界と言う二つの世界として認識されているのだとか…。興味深いですね。

 …ええ、壮絶に脱線しましたね。二輪の話でしたよね…こんな感じです。少しだけ散歩した先にて。
四号機 尻
四号機 横
四号機 顔

 装備重量が多少重くなりましたが、600から1000に乗り換えても大きな違和感もなく、素直な挙動でとても乗り易く快適そのものです。久しぶりに背に羽が生えて地を這うように飛ぶ、あの素晴らしい感覚を味わうことが出来ました。
 劉備の髀肉之嘆は少々意味が違いますが、1年乗らないでいて機種転換訓練がてら近場を走ったら腿や背筋が弱ってたのか筋肉痛になりました。体を鍛えねば、それに制動、旋回、小旋回、などをもっと練習せねば。サルマタイばりの人馬一体を目指します。


・絵

マルタ包囲戦

 今回は1565年、地中海で勃発した史上稀にみる壮絶な攻城戦の一つ、The Great Siegeことマルタ攻防戦の最終局面たる8月下旬の総攻撃を描いております。ビルグの防壁が一部崩壊し、雪崩れ込もうとするオスマン帝国軍の精鋭と死に物狂いで迎撃するマルタの騎士や民兵達、そして彼らを指揮する聖ヨハネ騎士団総長ジャン・パリゾ・ド・ヴァレットの図です。攻城戦の防衛側は寡兵でも攻撃側に対し有利なのが兵法の理とはいえ、最低でも3~4倍以上の戦力差があるうえに防衛側は数百名の騎士を除くと後は民兵が大半、という兵数と質の両面で問題があった戦いです。
 ロードス島攻防戦とレパントあたりもそのうち描いてみようかと。ヴェネツィアのガレーに翻る金獅子が呼んでいる!いや、その前にこれを完成させねば。


・映画

 ネイビーシールズhttp://navyseals.gaga.ne.jp/official/が6月22日公開だそうです。巷に氾濫する軍事考証があまりにもへぼい映画にはうんざりしているのでこういう気合が入ってるのは気になります。いや、コマンドーくらいのレベルになると逆に楽しいですけどね。リアリティがあれば映画として楽しいかと言えば、そうとは限らないのでしょうけどあまり類を見ない映画にはなっているんじゃないかと。

 史劇は当分無いのかな…。


・楽しげ

http://dailynewsagency.com/2012/05/31/paintball-warfare-epic-paintball-battle-imc/

 なにこの猛烈に楽しそうな遊び。でもバギーと歩兵が混在していると轢かれる人が出そうですね。
 飛んでる人の被弾判定はどうするんだ、とか気になりますけど、とりあえず私は怖気づいて後退し始めた味方をマキシム機関銃で督戦する係でお願いします。


 さて、どこか景色の良いところにいったらまた写真でも撮ります。
 いつになるやらさっぱり分かりませんが、絵が完成したら再びお会いしましょう。

 諦める事を知らぬマルタ市民及び騎士団とオスマン朝の勇猛なる戦士達に不滅の栄光あれ!
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【この軽薄な赤!間違いねぇ】

この軽薄な赤!間違いねぇ。アラバマのお袋にいい土産が出来たぜ。――ドナルド・カーチス 水上戦闘機パイロット 紅の豚より どうもこんばんは。 だいぶ経ちましたね。ジャンルが日記になっているあたりが実に詐欺臭い。 別段大きな事件もなく、休日に酒を飲み、諸事...

コメントの投稿

非公開コメント

軍団兵履歴

Legionarius

Author:Legionarius
主に世界史・戦史(東西問わず)の絵を描いております。

形式:Legionarius
状態:製造年月日から30年以上経過
使用燃料:Laphroaig,Bowmore,
Ballantine(12年が好ましいが財布が薄いのでfinest)
エンジン形式:惰性型酒冷4ストロークバルブ108気筒
始動形式:諦念あるいは深い溜息
搭乗機:CBR600RR07白→CBR1000RR2012に機種転換(乗り手に過ぎる良い機体ですがハイオクは財政が……)

音楽:(Bill Evans, Miles Davis, Dvořák, Linkin Park, Rammstein, Killswitch Engage, Enigma外)気に入れば何でも。

書物:ノンフィクション、歴史(ローマ史、古代ギリシャ,WW2外)、SF(ホーガン、ハインライン外)、最近はOsprey社の本ばかり。主にマクブライド先生のやつばかり。

漫画:(大陸軍は世界最強とかアララララーイとか)雑食。

ゲーム:ROME TOTAL WAR、MEDIEVAL TOTAL WAR
     CALL OF DUTY、S.T.A.L.K.E.R、SILENT HUNTER外

好きな陛下:Marcus Aurelius Antoninus、Flavius Claudius Julianus
好きな甲冑:ロリカ・セグメンタータ
好きなヴァンツァー:フロスト
好きなマクナブ:受領通知!!、カチカチ、カチカチ、続刊はいつですか。
以下、好きなギボン、サトクリフ、パウルカレル、スティーブンハンター、フォーサイス、ルカレ、エルロイなどと八万行に渡って続くので割愛。

辺境報告
往復書簡
オスティア港
記録抹殺刑を免れしもの
軍団基地施設案内
忠誠宣誓をした軍団兵の人数
神託を得る
pixiv
RSSリンクの表示
街道網
同盟申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード