行く川のながれは絶えずして

行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。
よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。
世の中にある人とすみかと、またかくの如し。
―方丈記 鴨長明


どうもご無沙汰しております。絵を描いたり、酒を飲んだり、働いたりしていたらあっという間に時間が経っておりました。
大統領選がえらい面白かったですけど、そういう催し的な楽しみ方はまずいですか、そうですか。
日本も他人事ではないのでしょうけど。

歴史の終わり、を記したフランシス・フクヤマ氏の様な人が
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AE%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8A#.E3.80.8C.E6.AD.B4.E5.8F.B2.E3.81.AE.E7.B5.82.E3.82.8F.E3.82.8A.E3.80.8D.E3.81.A8.E3.81.AF.E4.BD.95.E3.81.8B.EF.BC.9F
現在の情勢をどう思って見ているのか気になる所です。
人はしばしば、自分の世代が完成形であり、最終形態であり、歴史の最終段階にあると思いがちですけど。変わらぬ本質のようなものは少しくらいはあるのかもしれませんが、継続される限り、ほとんどのものは変化し押し流されていく様にも思います。

色々な人が色々な事を書いているけれど、どれも面白い。



しかし我々自由飲酒主義者にとっては些末な事なのであります。酒が尽きぬ限りは。



いや、飲み過ぎているのですけど……。


無論、酒量を抑制できない自分に問題があるのでしょうけどね。
大体そんな感じですな。


・毛色の違う事をする。

この間やったオークやらエルフやらが登場する怪しげな世界を舞台にしたMoffTaka氏の物語。
甲斐甲斐しいケンタウロスの嫁がヒモ同然の夫と暮らす話、かと思いきや……。



という話を読んだので勝手に登場人物を絵にするといういつもの活動を。
大概屈強な戦士や髭の武将ばかりなので、こういうのも楽しいです。
どうやって着替えるのか、どうやって生活するのか、など色々気になりますが……。




・やはりNHKばかり見ている。

ドラマの真田丸にとうとう真田丸が登場。予算配分はこの辺の工事やエキストラや装備などに如実に現れるのでしょうね。
1話からずっと見ていたので、ああとうとうたどり着いたのかとグッときました。



あの神殿が実はまるごと移動させたものだったとは知りませんでした。



映画はマイケル・ムーアの世界侵略のススメを見ました。
月並みな感想ですが色々な国があるのだなと。
当然いいところを映しているのでしょうけど、学ぶべきところは沢山ありますな。



この世界の片隅に












久しぶりに良い映画を見たなと思います。笑えるシーンもあれば、底冷えするような恐ろしい瞬間もある。
雰囲気だけで楽しい映画も悪くないですけど。こうした記憶に残る作品というのはなかなかないですね。


・エスプリ

どうでも良い事ですが、新橋にポンヌフがありました。



寒くなるとこういう感じで街をぶらぶらする事があります。






・他人の人生










あまり深く考えても仕方がない事というのは確かにあるとは思うのですが、よく考えないで結婚したり子供を作ったりするとこういう事になるのでしょうな。本当に何だって自由にすればいいと思いますけど、周りの人間に手間を取らせたり、損害を与えたりするのはどうかと思います。何歳になったらこうするもんだ、とか人生とはこういうものだ、とかいう指針があるのは結構な事ですけど、何故そうするのかという類の問いや哲学があまり見えず、ひたすらに体面や様式に流されてグダグダになり、己の運命を嘆く類の人間の何と多い事か……。

ショーペンハウアーは人々が運命だと嘆くそれは大概において自分で招いた事だと突き放してましたけど。
とりあえず一度落ち着いて話を聞き、救いようがないなら距離を置くべきでは、くらいしか思いつきませんでした。


・お絵かき

オークやエルフを描いたかと思えば次は何をやってるんだという話ですが。
時は19世紀半ば、場所はアメリカ……国を二つに分けて熾烈な戦いが……。
そう、南北戦争!と思いきや私はまた馬鹿な事をしている訳ですが。




合衆国皇帝とその軍勢。ノートン1世自身は誰も傷つけず、戦争もせず、迫害してない、と評されているので、こんな絵を描くのは趣旨に反するのかもしれませんけど。

参考までに、ノートン1世。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3
こんな事をしている輩は他にいないのではないか(そりゃしないだろ、と)。
おそらく私の2016年はこの絵と共に終わるでしょう……。

ノートン1世が本当に政治的実権のある皇帝で、彼の下に近衛騎兵連隊や歩兵連隊があったらという壮絶に阿呆な想定の絵を描いております。その場合は議会軍と対立すると思われますので、南北戦争ではなくて東西戦争になるんでしょうか。
人口比、経済力の差などは……無視するか、何かこじつけないときつそうですが。
装備は北軍っぽくもありつつインペリアルな雰囲気を漂わせつつ……。

小銃はスプリングフィールドM1855あたりをモデルにしましたが、1860年前後の普及率を知らないので適当であります。M1861もすぐには出回っていないかなと。銃と人間のサイズ比もいざ描くとなると難しいですね、栄養も医療も生活水準も違うので、昔の人と今の人間は体格が違うのです。一次大戦中の写真にも、高位の将校や貴族と兵士達の体格差が如実に表れているというのがあったような。






19世紀半ばつながりで。



大体そんな感じです。概ね面白おかしく生きていると言って良いでしょう。

さて今回はこの辺で。
ローマ人諸君に無敵のマルスと全能なるユピテルの助力あれ!
スポンサーサイト

蛮族は、朝には約束し、夕べにはそれを破る

蛮族は、朝には約束し、夕べにはそれを破る
――塩野七生

朝にはもう飲まないと決意し、夕べにはそれを容易く破る……どこかで聞いた事のある様な話ですな。
いや、耳が痛い。

土人……いや、人類皆蛮族。


街を歩いていても文明人の名に値する様な叡智の持ち主などそうそういないでしょう。
誰しもとろんとしたおぼろげな目で(下手をすればそこらのバセットハウンドの方が賢そうな目をしている)スマホのゲームかSNSをちまちまやっているだけなのですから。で歩きながらいじって人にぶつかりそうになったり。文明人など果たして何処にいるというのであろうか。

私はどうか……ネットでくだらないニュースを見たり、やたら分厚い本を読んで一生役に立ちそうも無い知識を増やしたりしているだけなので概ね蛮族っぽいと言えば蛮族ですね。仕方ない。
何の話でしたっけ。


首筋に出来たおできというか腫瘍というか鈍痛をもたらす何かを切除して縫合して貰ったので、傷口がじわじわと痛いです。鎮痛剤と抗生物質を飲んだせいかいつにも増して頭がぼんやりしています。そんな状態で日記を書くのもどうなのかという話ですが。

年をとると脳がくたびれてきて、それが常態化するのですかね。スーパーのレジとか駅の改札とか窓口でゾンビみたいにモタモタして行列を作ってる老人諸氏を見ていると、そうなんだろうなという気がします。頭が鈍って状況把握や情報処理、判断力や動作速度が低下するのでしょうな。


・色々見る

完璧な人間などいないので政治家に完璧を求めても仕方ないですし、自分の要望を全部叶えてくれる議員や政党が現れるのを待つというのもまた虚しい試みでしょう。8年間の舞台裏というのもなかなか興味深い題材でした。今回の大統領選は泥沼というか何というか……酷い有様ですな。いったいこれから何が起こるか。私は可能な限り飲んで食って二輪に乗って絵を描いていたいですけど。



資本主義が全く影も形も無く潰えるという事はなさそうですけど、あまりにモラルとバランスを欠いた状態が続けば中間層が磨滅して生産と消費が鈍るでしょうし、人々の平均的な教育水準も低下し、事は経済問題だけでは済まなくなりそうだなとは思います。
民主主義がまともに機能するには主権者が一定水準の教育程度にないとまずいでしょうし。



こういう企画は気になりますな。



イゼッタは世界首都ゲルマニアっぽい都市が出てきたりと今後も色々やらかしてくれそうなので見てます。あと色々たわわです。

ガーリッシュナンバーはヒロインの性格が面白い(遠巻きに見ている限りは)……あとあの目玉焼きみたいな図柄の服が気になって仕方ないです。

ドリフターズも続きが気になりますな。歴史上の人物が大分とがった演出で登場するので歴史趣味者も楽しめるかと。
異世界の言語をちゃんと文法まで作って話している拘りは凄いですが発音や抑揚がやや不自然かなと。登場人物が生まれてからずっと使いこなしている流暢な言葉というより、慣れぬ言葉を読んで話してるという感じが出てしまっているような。
そこまで気にするのは無理難題かもしれませんけど。

オルフェンズの二期は相変わらず主人公がほいほい人を殺傷したり、マフィアのシノギが云々みたいな話が出てますけど……もともと戦争ばっかりする話だから何を今さらという話でもありますかね。

コップクラフトもアニメ化したら面白そうだと思うのですが



戦争と平和の次回はボロジノなので楽しみです。

そして11月は歴史・戦記漫画がたくさん出ます。
ヒストリエ、バルツァー、狼の口、乙女戦争などなど。


・自由飲酒主義者とローマ人の集い




お疲れ様でした。
健康診断で肝機能がすぐ再検査になるのに、隙あらば飲んでしまうという……。
またどこかでやりましょう。
最近話題になっていたローストビーフをたらふく食う店とか面白そうです。

MoffTaka卿に貰った折り畳みベッドを展開すると地球上のどこでもローマ人ばりに優雅に寝転がりながら酒が飲める!




・お絵かき

訳の分からん世界を構築している時が一番楽しい……。
こういうファンタジーがあっても良いと思います。
何だか近世が混じったような中世風ばかりより色々あった方が面白い。




・ゲーム

BF1始めました。
シングルキャンペーンが結構充実しており、飛行機で飛んだり、戦車で綺麗な村を地獄に変えたりしてます。
全部終わったらマルチプレイで遊ぼうかと。出来は良いと思います。ただ、ドイツやロシアやフランスやトルコのシナリオも欲しいですね。若き日のロンメルの活躍とか、ケマル・アタテュルクとか面白い要素はたくさんあると思うのですが。

シミュレーター寄りのゲームをお好みの方には合わないかもしれません。
バトルフィールドですので恒例のお祭りゲームです。


























レッド・デッド・リデンプションの続編が……また荒野を駆け巡る日々がやってくるのか。
映像が綺麗ですね。




・すぐ寝る



北海道は色々と美味いし、景色も綺麗なので、仕事ではなく私用で行きたい……。
そして最近という訳でもないのですが座るとすぐ寝るマンなので、飛行機や電車の座席に着くと一瞬で眠りに落ちます。疲れているのか、何なのか。遊ぶのをやめれば睡眠時間を確保できるのですがそうすると何の為に生きているのか分からなくなりそうですな。


・どれくらい稼ぐのが自分にとって適当か

唸るほど金がある訳ではないけれど、清潔で頑丈な家に住んでいるし(狭いが)、三食事欠かないし(二食でも良い気はする)、酒も飲めるし、本もそこそこ買える。今の稼ぎで十分欲求を満たしていると言えるので、私にとって問題は時間とのバランスです。

勿論お金があるには越したことはないですけど、自由な時間を潰した所で自分の能力ではこれ以上労働に精を出しても稼ぎ出せる差額は大したことはないでしょうし。時間の方が貴重なので多忙や煩わしい社交を招く出世も昇進にも私はあまり関心がないようです。労働に投入するエネルギー、収入、時間の消費などの均衡を保つ方がガツガツやるより自分には合ってるのではないかと。

夜はそれなりに食べますが、昼ごはんとかワンタンとおにぎり一個で十分ですし。



彼女がいる人はデートするとか流行の服装を整えるとか、所帯を持っていれば広い家に住むとか、子供に良い教育を受けさせるとか、一家で旅行に出るとかで幾ら金があっても足りないのでしょうし、そうした必要から労働への意欲や昇進への欲求、仕事への強い責任感や達成感が喚起されるのでしょう。あとは社会的承認とか顕示、家族親族地域といった公私の体裁等々でしょうか。
勿論、仕事自体に目的や、やりがいを見出して日々頑張っている人は責任ある地位や役職、職掌を目指して前進するのでしょう。

私はそうした健全な“動機”がいまいち少ないようなので面倒は最小化するという意志しか湧かぬのでしょうね。















郊外の土地(色々かったるそうな田舎ではなく、ほどほどの位置に)にこういうのを引っ張ってきて引き籠りたい以外のお気持ちが無い。



常々思うのですけど、営業部門と管理部門では時間と費用の負担が酷く不公平の様な……。夜に残業と接待で私的な時間が潰れ、休日はゴルフで潰され、練習の費用もゴルフ道具も自分で賄わないとならない。それで残業代が出る訳でもないし、休日の労働(接待は労働と見做されないんでしたっけ?一方で業務命令だから行けというのはダブルスタンダードではないのか)に手当がつく訳でもない、よくもまあこんな狂気じみた慣行に皆平気な顔で付き合っていられるなと思うのですが……それが普通なんですかね。


大体そんな10月でありました。ぼちぼちですな。
次は騎兵の絵を描こうと思います。
全力で馬鹿げた事をやっていこうかと。

形になったらまたお会いしましょう。
善き11月を!
軍団兵履歴

Legionarius

Author:Legionarius
主に世界史・戦史(東西問わず)の絵を描いております。

形式:Legionarius
状態:製造年月日から30年以上経過
使用燃料:Laphroaig,Bowmore,
Ballantine(12年が好ましいが財布が薄いのでfinest)
エンジン形式:惰性型酒冷4ストロークバルブ108気筒
始動形式:諦念あるいは深い溜息
搭乗機:CBR600RR07白→CBR1000RR2012に機種転換(乗り手に過ぎる良い機体ですがハイオクは財政が……)

音楽:(Bill Evans, Miles Davis, Dvořák, Linkin Park, Rammstein, Killswitch Engage, Enigma外)気に入れば何でも。

書物:ノンフィクション、歴史(ローマ史、古代ギリシャ,WW2外)、SF(ホーガン、ハインライン外)、最近はOsprey社の本ばかり。主にマクブライド先生のやつばかり。

漫画:(大陸軍は世界最強とかアララララーイとか)雑食。

ゲーム:ROME TOTAL WAR、MEDIEVAL TOTAL WAR
     CALL OF DUTY、S.T.A.L.K.E.R、SILENT HUNTER外

好きな陛下:Marcus Aurelius Antoninus、Flavius Claudius Julianus
好きな甲冑:ロリカ・セグメンタータ
好きなヴァンツァー:フロスト
好きなマクナブ:受領通知!!、カチカチ、カチカチ、続刊はいつですか。
以下、好きなギボン、サトクリフ、パウルカレル、スティーブンハンター、フォーサイス、ルカレ、エルロイなどと八万行に渡って続くので割愛。

辺境報告
往復書簡
オスティア港
記録抹殺刑を免れしもの
軍団基地施設案内
忠誠宣誓をした軍団兵の人数
神託を得る
pixiv
RSSリンクの表示
街道網
同盟申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード