こいつは幸先が良い

こいつは幸先が良い。みんな!わしはアフリカを、力いっぱい打ち据えてやった。
――スキピオ・アフリカヌス アフリカ上陸に際して転倒したあとの一言 フロンティヌス戦術書より

 また選挙、もう誰に入れれば良いかさっぱりです。
 とりあえず生産年齢人口の層を締め付けるような事ばかり言うのは勘弁して欲しいものです。
 その時は票は取れるでしょうけど、木まで枯らしたらいずれ実は絶えますよ、と。


・映画やらゲームやら
 
 神聖ローマ、運命の日 オスマン帝国の進撃
 第二次ウィーン包囲の映画、フサリアが登場するので楽しみでしたが。
 http://www.youtube.com/watch?v=M-BFL_hTjRs
 海外の評判は考証やシナリオの完成度、CGや演出への不満によって割れているようですね。
 この手の映画は少ないので気になりますが果たして。
 襲歩の突撃が描かれないというのが本当なら少し残念です。 

 ファンタジー要素を除いた中世欧風RPG
 Kingdom Come: Deliverance
 http://www.gamespark.jp/article/2014/01/23/45876.html
 一人称視点も悪くないですね。


・お絵かき

 今回はこんな感じで。
ローマ軍の物語Ⅰ

 以下pixivより

 ローマ軍の物語Ⅰ“賽は投げられた”

確かに俺の地元は最悪だ。夜も騒々しいし、路地に死体が転がっている事すらある。つまり、香を焚く様な金持ちの住む高級住宅街ではなく、上の階から娼婦とヒモの痴話喧嘩や嬌声が聞こえてくる様な大変“お上品”な地区だって事だ。

それでもローマはあらゆるものが集う世界最高の街だ。但し、致命的に欠けているものが二つあった。静けさと俺の働き口だ。家やうちの雑貨屋は兄達が継ぎ、人手は余って四男の俺に居場所は無い。都は人が多すぎて、そこらの商店の店番になる事も俺には難しかった。

勿論、殊更不幸だと思った事は無い。金が無くても楽しくやる方法は色々あるし、現に我が家はそれなりに愉快に暮らしてきた。とはいえ、小麦の給付のおこぼれを貰って、いつまでも家で無駄飯を喰らう訳にもいかないだろう。

かと言って金持ちや議員に職の口利きを頼んでみろ、連中に借りを作ったらどうなるか……借りは返さなきゃならない、法外な“利子”と共に……。

頭の切れる奴は役人か商人の見習いにでもなるんだろうが、生憎と俺は教師の懲罰棒と顔馴染になる才能しか持ち合わせちゃいない。初歩の文法ですら眠くなる様な“冴え渡った”頭脳の持ち主である俺が法律を学ぶのは難しいし、そもそも我が家にそんな授業料を払う余裕は無い。世間知らずの俺にとって比較的マシに見える行き先は一つしか思い当たらなかった。

軍団だ。飯は食えるし、給料も貰える。そして平民なりの出世も……いや、高級将校になろうなんて大層な夢はない。退役して幾許かの土地を貰い、慎ましく暮らせれば上等だ。小さな農園は奴隷に任せ、俺は浴場にふやけるまで入り浸る。何もかも過酷な軍務に耐え、さらに生きて退役出来れば、の話だが。

有力者や金持ち、役人どもに滓も残らないほど搾られるか、軍団で文字通り“死ぬほど”扱き使われるか。ここで誰かのお荷物になって静かに朽ちるか、世界を巡る危険を冒すか。結局、優柔不断な俺は自分で決断を下せず、何日も悩んだ末に賽子を転がして運命を神々に委ねるという馬鹿げた考えに辿りついた。

失敗した時は神々に悪態をつけばいいって寸法だ、最後にツケを払うのは俺だが。偶数なら意地でもローマにしがみついて生き抜く。それでも耐え抜けば、いつか日の目を見る時が来るかもしれない。奇数なら軍団へ志願。最初からキツイ目に遭うだろうが、新しい世界を見る事が出来るかもしれない。どちらも厄介だが、問題はどちらへ向かうかだ。

稀に見る神妙な顔つきで賽子を振る俺を弟と妹が小馬鹿にした様な目で眺めていたが、俺は至って真剣だった。気合の入らない顔は生まれつきだし、何しろ人生が懸っているのだ。

指先を離れた賽子は景気良く転がり、染みだらけの小汚い食卓から零れ落ち、何とも縁起の悪い事に床へ……消えた。床を探しても賽子は見当たらない、俺の人生の道標、聖なる神託は敢え無く潰えた。

この恐るべき暗示が意味する不吉な影が脳裏を占め始める前に、俺は我が家の頼もしき番犬、昼寝ばかりしている癖に何でも喰う“バシリカ”が口をもぐもぐさせているのに気づいた。幼き日に近所のバシリカ(集会所)で拾った愛犬の頬を玩具がわりの骨で小突きながら“寒さに震えるお前を救ったのは誰だ”と問うと俺の忠実なる僕は涎まみれの“俺の人生”をプッと吐き出した。

賽の目は1だった。俺の行先はマルスと鷲が決めてくれるらしい。とりあえず結果は出たし、“バシリカ”が尻から創造するブツの中から“匂い立つほど輝かしい俺の人生”を探す必要が無くなりほっとした。

どんな馬鹿げた切っ掛けであれ、目標と方角が決まれば、すべき事は自ずと明らかになる。それに、籠から零れた果物が坂を転がる様に、勢いと惰性で進むのは俺の得意技だ。家族に入隊審査について話すと母以外の全員がそれを祝福した。我が家の懐は何時だって侘しいし、俺も家計に優しい男でありたかった。そして、もう二度と賽子を振るつもりはなかった。――つづく――次回、ローマ軍の物語、第2話“冥界の門”ROMA AETERNA EST!!

俺の地元:混雑回避の為に荷馬車等のローマ市街への出入りは夜間に限られていた為、夜の道路沿いは騒がしかった。治安は地区によるが、電気で煌々と明かりを灯す現代とは異なり、夜は強盗殺人や暴行、誘拐が少なくなかった。

人が多すぎて:都市ローマの人口は物語の舞台、2世紀の時点で100万人に達していた。帝国全域の総人口は時代区分と研究者により大きく異なるが5千~6千万(トラヤヌス帝の最大版図で8千万を超える説もある)、同時代の推定世界総人口2億~2億6千万人に占める割合からも史上空前の勢力であった。なお、クァルトゥス氏が栄えある自宅警備員の職を辞するか迷っていた当時のローマは最盛期の筈だ。就活が難航したのは本人に何か問題が(何者かに後頭部を殴打され昏倒       
給付のおこぼれ:ローマに住むローマ市民は毎月約35kgの小麦の無償給付を受ける事が出来た。当初、女性と子供は除外されていたが、トラヤヌス帝は対象を貧困家庭の10歳の子弟にまで広げた。皇帝陛下万歳!!

教師:現代同様に高度な教育を受けるにはそれなりの資金を必要としたが、豊かでないローマ人も子供には最低限度の教育を施した。全てではないが多くの教師は外国人(主にギリシア人)や奴隷・解放奴隷で貧しく、しばしばその卑賤な出自と金銭対価の為の労働に従事する事を忌避する文化(主にローマの上流階級)によって卑しいものとして蔑まれた。例外的に高給取りの人気教師や有力者お抱えの家庭教師もいたが、多くは授業料滞納などに苦しめられ、貧窮していた。体罰は横行していた。なお、トラヤヌス帝は次代を担う若きローマ市民育成のため、アリメンタと称する法により、17歳未満の男子と14歳未満の女子への育英資金援助制度を制定した。皇帝陛下万歳!!

高級将校:軍団の将軍など上級指揮官は元老院階級などの有力者が占めていた。有力者の推薦があれば採用時から将校扱いという事もあった。コネが重要なのは今も2,000年前も変わらない。勿論例外はあり、中には兵卒から皇帝に出世する者もいた。

退役:ローマ軍団兵は通常25年ほどで満期除隊となる。退役後に耕作地など生計を立てる手段を貰えることもあった。

奴隷:ローマの奴隷は様々。危険な鉱山で消耗品の様に扱われたり、性的に搾取される奴隷もいれば、高度な知識や技能、芸術の才を有した奴隷や有力者の家庭教師や侍医など優遇される者もいた。農場や一般家庭における奴隷の扱いは主人の懐具合と人格次第だっただろう。中には家族同然に扱われる者、長年の勤めを労われ解放される者もいた。決して安い買い物では無いので、粗雑に扱って死なせたり、脱走や反乱の意思を抱かせるような真似は賢明とは言えないだろう。生かさず、殺さず、上手に搾取しよう!

賽子:古代ローマ時代にもサイコロはあった。賭けでイカサマを働く者も、破滅する者も、それら全てから搾取する胴元も現代と変わらなかった。労せずして儲けようと企み、あるいは束の間の熱狂に身を委ね、ときに身を滅ぼす。人間の性質はそうは変わらない。

マルスと鷲:マルスはローマの軍神。マルス・インウィクトゥス、不敗のマルスとも呼ばれる。鷲は軍団の軍旗であり象徴。

 以上

 長い、字数制限が緩和されてから歯止めが…。
 当時のローマが就職難だったかとか、怪しげな点が多々ありますが、こんな不真面目な動機の持ち主が生き馬の目を抜く様な厳しい現実、軍団と過酷な訓練、戦場を生き残れるのでしょうか…。


・仁義なきローマ帝国運営記

 小アジアはほぼ征服完了。アルメニアとブリタンニアに侵入成功。
 砲撃開始!!
包囲完了!!
 でも油断してアラビアで一個軍団壊滅…一進一退。すまぬ、すまぬ。
1月26日の戦況
 もう少しで世界制覇でしょうか…。
 
 今回はこの辺で。続きが描けたらまたお会いしましょう。
 ローマ市民ならびに元老院議員、そして軍団兵諸君にマルスとユピテルの助力あれ。
スポンサーサイト

人間は常に時間が足りないとこぼしながら


人間は常に時間が足りないとこぼしながら、
まるで時間が無限にあるかのように振舞う。
――セネカ

 私の事ですか…。

 今度の税制改正の交際費(接待費)の処理…半分を経費として非課税にする事で企業の消費活動を促進する狙いだとか。そんなことをしたら接待が増えるではないか!! 早く家に帰りたいのに何て事を…。

 そもそも税収を増やす為に消費が冷え込むのを覚悟した上で消費税を増税するのに、法人の交際費は非課税分を増やすというのは…。料理に塩を入れ過ぎたから、砂糖を入れて調整するみたいな感じですか。ドン・ガバチョか…誰も知らないか(ポディマハッタヤさんの事をいまだに覚えている世代です)。偉い人の考える事はわかりません。

 もっと手っ取り早い、素晴らしい案があるではないですか、酒の税金を下げて消費を促すという!
 皆が肝臓ぶっ壊して医療費が増えたり、生産性が下がったり、酔払いが面倒起して社会コストやリスクが増大するかもしれないけれど。ちょっと平均寿命が短くなるかもしれないけれど。人生は長さではなく、良かったか否かが重要だとセネカ先生も仰っていた様な気がするので良いのです。主に私が嬉しいので、そっちの方が良いと思います。そうしよう、そうすべき、そうしろ。

 新年に節酒の誓いを立てたというのに、早速そんな事を主張しているあたりが今年の行く末をありありと暗示しているようですね。


・お絵かき

 この間の続き。
 ローマ軍の物語Ⅰ インスラ

 あまり裕福ではないローマ市民の生活から描いていこうと思います。
 インスラ(集合住宅)の上層階に住む人々の様子。本を読んでなんとなく分かった気になっても、それを絵に描こうとすると次から次へ疑問や知識の空白が現れて、その都度考え込んでしまいます。古代ローマなので高価な窓ガラスは庶民には普及していない(大規模な公共施設や富裕階層の邸宅にはあったらしい)、ではどうしていたのか、食器は、家具は、室内には何があって何がなかったのか。探しても分からないものはそれらしく法螺を吹く…。
 その結果現れるのはだいぶ怪しげな法螺の集合体ですけど…。


・仁義なきローマ帝国運営記 Total War Rome Ⅱ

 まだやっとるんか。
 じわじわやっとります。何かのエラーかターン開始時のイベント報告において毎回同じところでフリーズし操作不能という恐ろしいトラブルに見舞われ最新のデータが事実上死亡しました。大勝利と反乱の報告が続けて入ってそのまま止まる…。なので少し戻ってやり直してます。じき終わるでしょう。戦争はすぐ終わるさ(死亡フラグ)。


 今回はこの辺で。色を塗ったらまたお会いしましょう。
 ローマ市民ならびに元老院議員、そして軍団兵諸君にマルスとユピテルの助力あれ。

なんでけがれがある、この酒甕に

なんでけがれがある、この酒甕に?
盃にうつしてのんで、おれにもよこせ、
さあ、若人よ、この旅路のはてで
われわれが酒甕とならないうちに。
――オマル・ハイヤーム ルバイヤート 68

あけましておめでとうございます。
正月は愉快に過ごせましたか。バッコス神への信仰厚い私は順調に飲んだくれておりました。
休みが長いと現実への復帰がしんどいですね。電車に乗れるだろうか…。

今年の目標はもっと本を読む、酒を減らす、ですが第2項については既に達成不可能な気がしてなりません。
とりあえず平日は口をつけぬよう努めておりますが、もう少し徹底せねば…。


・お絵かき

とりあえず最初はこんな感じで。

ローマ軍の物語 序

以下pixivより

ローマ軍の物語 序 余は汝がいずれなるであろうところのものにして

……エグナティア街道という道がある。かつてローマ人が敷いた道であり、カエサルとポンペイウスが覇を競ったアドリア海沿岸のドゥラス(ドゥラキウム、現アルバニアの都市)から、遥か遠く栄光の都コンスタンティノポリス(ビザンティウム)まで746ローママイル(1,120㎞)もの距離を繋ぐ偉大な街道の一つである。
 貴方は想像することが出来るだろうか、今や分裂し、互いに反目しているこの世界が一つに結ばれていた時代があった事を。ローマのもとに世界は一つであり、網の目の街道を用いれば旅人達はただ道標を追うだけでシリアやアフリカ、ラテン人達の国、遠くブリテンの島、世界の果てまで縦横無尽に行き来することが出来たのだ。
 もし貴方がエグナティア街道を行くのなら、マケドニアはヴォデナ(エデッサ)から東へ5マイルほど進むと街道沿いの木陰に小さな墓を見つけるだろう。半ば朽ち、草に埋もれつつあるが、他の墓から離れてひっそりと立っているのですぐに分かる筈だ。

 墓には夫婦の浮彫が施されている。名はクァルトゥス・アンニウス・コルウスとアスパシア、碑文は所々破損してはいるが、彼らの像が身に付けている装身具や周囲に刻まれた道具、年号を見れば、一人はトラヤヌス帝とハドリアヌス帝に忠誠を誓ったローマ軍団兵であり、もう一人はギリシア人のメディカ(女医)である事が分かるだろう。クァルトゥスの碑文には”善良なる夫にして父、果敢なるローマ人、祖国の守り手”と刻まれており、アスパシアには”最良の妻にして母、比類なき医師、ミネルウァの加護を受けし者”という碑文が捧げられている。遺族や旅人へ向けた碑文にはこうある。”そこを行く君、こんなものを読んでいる暇があるのか。そんな暇があるのなら限りある人生をもっと楽しみたまえ。何しろ、遅かれ早かれ誰しもが我々の様に物静かな土塊と成り果てるのだから”
 寄り添って並ぶ二人の仲はそう悪いものではなかったのだろう、そして彼らが己の死すら嘲笑う類の手に負えない皮肉屋で、お節介な連中であったことが良く分かる。それ以外の事は我々には想像する事しか出来ないが、街道沿いの全ての墓にはかつての帝国の片鱗とそこに生きた人々の人生の断片が刻まれている。
 私と貴方もそうである様に古今東西全ての人間に物語があるのだ。無論、それが善きものとなるか、そうでないかは各々の振る舞い次第ではあるが…
――14世紀の歴史家ラウェンナのアリシア”エデッサの風土と慣習”第Ⅰ巻より
――つづく(たぶん全20回くらい)――次回、ローマ軍の物語、第1話”賽は投げられた”ROMA AETERNA EST!!

*以上及び以降の情報は愛すべき五賢帝時代に対する”私の”イメージと法螺の融合です。毎度の事ですが私の揮発性の高い記憶とその混濁、勉強不足、”バッコス神の恵み”がしでかした事実誤認などにご注意を。

 ローマ街道:ローマ帝国全土を覆っていた道路。最盛期の主要幹線は8万㎞、支線を含む道路網は15万㎞に達した(計30万km以上という説も)。幹線道路の多くは車道と歩道、排水路を備え、石畳で舗装され、軍団の迅速な移動と円滑な物流を促した。

 墓:ローマ人の墓はしばしば街の出入り口、街道の傍などに設置された。肖像は彼らの生き様と誇りを物語り、碑文は顕彰、皮肉や冗談、生者への忠告など様々であった。

 ローマ軍団:古代ローマの軍隊。ローマ市民からなる志願制の正規軍。際立った組織力を有し、最盛期は30個軍団以上が全土に駐屯、精強無比を誇った。

 メディカ:古代ローマには男性医師の他にも女性の医師や助産婦などの医療従事者がおり、中にはその知識や技術や功績を公に讃えられる者もいた。

 ミネルウァ:知恵、医学などを司るローマの女神

 ラウェンナのアリシア:土地を失い、凋落の一途を辿るビザンツ帝国から亡命した14世紀の歴史家、名門イサウロス家の傍系出身だが後援者を見つけるまで大変貧しい生活を送った。各地を旅行し、バルカン半島から小アジアにかけて興隆した勢力、地方や都市の歴史に関して極めて精緻な記録を残した事で知られる。金勘定に厳しく、一見冷たい容貌をしているが、著作から明らかな様にその視線や態度は人々やその営みへの慈しみに溢れている。
 同行の騎兵、アラニ卿はセゲドの食人鬼、デブレツェンの30人殺しなどの異名を持つ素行不良残忍無比の騎士だったが、アリシアへの恩義から(酒場で刺されて腹部を縫合してもらった)、心を入れ替えて忠実なる護衛となった。彼本来の凶暴さを拝みたい、というのでなければ、本人に聞こえる所でアリシアとハンガリーの悪口を言うのは止めておいた方がいいだろう。
 この項はさっき芋焼酎や葡萄酒やウィスキー等を痛飲しながらでっちあげた。休日万歳!!

 以上

 題名のわりにローマ軍の影も形もありませんが、次回から舞台を紀元2世紀初頭のローマに移すつもりですので、しばしお待ちを。とはいえ構成上、軍団が登場するまで少し時間がかかりそうです。
 トラヤヌス帝時代の第二次ダキア戦争、パルティア遠征、ハドリアヌス帝のユダヤ戦争などに触れつつ、一人のローマ軍団兵の半生を中心に古代ローマの雰囲気を味わえる様なものになれば、と考えております。

 今までも何度か書いたような気もしますが、私は歴史について何ら体系的な勉強をしておらず、興味関心の赴くままに本を読んでいるだけなので、初歩的な誤解や勘違いがあるかもしれません。目に余るような間違いがあれば、ご指摘頂けると助かります。

 pixivの投稿規制に宗教だとか民族に関する条項があった様な気がするのですが、あまりやり過ぎるとお叱りを受けるのですかね。雰囲気を壊さぬ程度に気をつけるとしましょう。


 さて、今回はこの辺にしときます。
 ローマ軍団兵諸君に勝利と栄誉を!
 ローマよ永遠なれ!
軍団兵履歴

Legionarius

Author:Legionarius
主に世界史・戦史(東西問わず)の絵を描いております。

形式:Legionarius
状態:製造年月日から30年以上経過
使用燃料:Laphroaig,Bowmore,
Ballantine(12年が好ましいが財布が薄いのでfinest)
エンジン形式:惰性型酒冷4ストロークバルブ108気筒
始動形式:諦念あるいは深い溜息
搭乗機:CBR600RR07白→CBR1000RR2012に機種転換(乗り手に過ぎる良い機体ですがハイオクは財政が……)

音楽:(Bill Evans, Miles Davis, Dvořák, Linkin Park, Rammstein, Killswitch Engage, Enigma外)気に入れば何でも。

書物:ノンフィクション、歴史(ローマ史、古代ギリシャ,WW2外)、SF(ホーガン、ハインライン外)、最近はOsprey社の本ばかり。主にマクブライド先生のやつばかり。

漫画:(大陸軍は世界最強とかアララララーイとか)雑食。

ゲーム:ROME TOTAL WAR、MEDIEVAL TOTAL WAR
     CALL OF DUTY、S.T.A.L.K.E.R、SILENT HUNTER外

好きな陛下:Marcus Aurelius Antoninus、Flavius Claudius Julianus
好きな甲冑:ロリカ・セグメンタータ
好きなヴァンツァー:フロスト
好きなマクナブ:受領通知!!、カチカチ、カチカチ、続刊はいつですか。
以下、好きなギボン、サトクリフ、パウルカレル、スティーブンハンター、フォーサイス、ルカレ、エルロイなどと八万行に渡って続くので割愛。

辺境報告
往復書簡
オスティア港
記録抹殺刑を免れしもの
軍団基地施設案内
忠誠宣誓をした軍団兵の人数
神託を得る
pixiv
RSSリンクの表示
街道網
同盟申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード