機会は容易には与えられないが容易に失われる。

 プブリウス・シュルス先生、まさに金言です。
 嗚呼、あの時己の意思を貫き通し、世に阿るような真似さえせねば……。
 バランタインは良い酒です。酔えれば何でも良いんじゃないのかという実に的確な考察もありますがその辺は気にしない方向で。
 今日は帰宅後João Gilbertoを聞きながら酒を飲みつつ絵を描いておりました。自分の小説に挿絵を入れる第四弾、ダシュト王国首都カスバの眺望です。

 が、まだ完成しておりません。進捗度30%というところでしょうか。絵を描き始めて一ヶ月、人間も描けぬ輩が巨大城塞都市に挑むという実に無謀な挑戦です。なかなかに苦闘しておりますが楽しいといえば楽しいです。週末までにご披露できるよう尽力します。
 
 さて、良い塩梅にほろ酔い加減になってきたので寝床という名のエリュシオンあるいはパライソにぶっ倒れます。

いつもの続き。第21回。

続きを読む

スポンサーサイト

クールの誕生

 音楽は偉大ですね。月曜は目が覚めた瞬間とぎゅう詰めの通勤電車のドアが開いた瞬間に奥歯の自爆装置(中枢神経を微量の爆薬で吹き飛ばすので人様にかかるご迷惑は最小限です)起動スイッチを幾度となく噛みたくなりますが帰宅して酒飲んでマイルス・デイヴィス聞いてたらリラックスしてきました。お気楽な奴。アルコールのせいなのか音楽のせいなのか分からなくなってる辺りが実にみっともない感じですね。

 さて、今日はLAST EXILEの絵を描いておりました。他にはCOWBOY BEBOPや攻殻機動隊などが好みのアニメですがこの作品は宮崎駿監督の紅の豚やラピュタのように飛行機械で空を飛ぶ人々が主役です。空を飛ぶ、いいですね、ブラックバードみたいにマッハ3.3で飛びたいですね。その域になると情緒の欠片もなさそうですが青い空が黒に変わる瞬間が見れそうです。かなり脱線してますね。
空中艦隊

 第一話から第二話にかけて語られる第三次ミナギス会戦の一場面を切り取ってみました。
「黒・黄・黒、交戦信号上がりました!」、「弾種徹甲! 撃ち方始め!!」といった20世紀前半の海戦風な肉眼距離での砲撃戦と19世紀の接舷戦闘の様な銃撃戦が見られる稀有な作品です。
 最近のアニメはあまり見ていないのですがこういう渋い奴はもうないのですかね。放映中の作品一覧をまとめているものをみても心の琴線(埃が積もって固化している)に響くものはあまり……あっ無限の住人やってる。AT-X?何だそれ、機会があったら見てみましょう。

 では本日は「鉄の棺-Uボート死闘の記録-」を読んでから寝床にぶっ倒れます。
 いつもの続き、需要あるのか?は第20回です。

続きを読む

サラマンダーより、はやーい。

 ヨヨ、恐ろしい子。そんな風に考えていた時期が俺にもありました。
 昨日自分が書いたものを読むと実に恥かしい気がしますがそれをそのままにしておいて明日の己への反省材料とするのもまた良しとしましょう。格好よく言うと三方ヶ原の戦いの後に顰像を描かせた徳川家康方式です。分かりにくいですね。ビスマルク先生が愚者は経験に学び賢者は歴史に学ぶ、とか言ってた様な気がしますが自分の経験を歴史にして学ぶ場合はどっちなんでしょうね。たぶん愚者っぽいですね。

 ……Four Rosesを飲んでいたらどうでも良くなってきました。
今日はナポレオンが大陸を席巻していた時代の命知らず達、ユサールを描いていました。
軽騎兵

 相変わらず下手糞ですが楽しいので良いです。ユサールがどんな集団かはwikipediaの軽騎兵やユサール、大陸軍(フランスの方)を見た方がまとまっているのでここでは述べません。
 重要なのは最高にお洒落な人達であるということ、30歳まで生き残れたら幸運と呼ばれるほど死にやすい人達だったということです。傾き者って感じですね。
 大陸軍(グランダルメ)は世界最強!と某漫画の台詞を書いて今日は終わりにしましょう。

 昨日の続きをはっときます。第19回。

続きを読む

Hell's Highway

 嗚呼、戦争はクリスマスまでに終る!そう信じていたのに。
 BIAのHell's Highwayが出たって言うのに。

以下、目も当てられない愚痴↓

 何故、社内ゴルフなんぞに参加せねばならんのだ。
 金(魂より重い三万五千円)は取られる、休日はなくなる、そして何より許せないのが自由を失う、という事だ。休みの日くらい好き勝手にさせてくれ。
 別にゴルフをどうこう言うつもりはない、伝統ある素晴らしいスポーツなのではないかと思う。ただ、やりたい事はやりたい人だけで好きにやったらいいではないか。どういう道理で休日は酒や原書房や新紀元社やSTALKERに埋没している類の人間をそんな世界に引っ張り出すのだ。暗がりの石をひっくり返して裏に引っ付いた虫を困らせてどうしようというのだ。
 一体誰が得をするというのだろう。いつか接待や良好な人間関係構築のために必要になるから、というのが一応の理由らしいがそんなものを引っ張り出さねば取引関係や人脈を維持できないのか。
 ルールも知らない。装備もない。そもそもやる気もない。打ちっぱなしは嫌々行ったのが1年前でその前に行ったのは15年前。二輪用の革ジャケットで行って出入り禁止か、四角形の内角の総和を軽く越えるスコアを叩き出して二度と呼ばれないようにしてやろうか、などとろくでもない戦術が頭の中に浮かんでくるばかりだ。

 終り。
 はぁすっきりした。嘘です、全然すっきりしてないです。11月は気になるゲーム(LEFT 4 DEAD,Call of Duty)等があるというのにゴルフコンペがあります。金が……。アイウォントゥービーリッチ,とSTALKERのマー君の様な願望を唱えてしまいそうです。
 愚か者の行動の常にあるように嫌な事は忘れて楽しい事だけを意識しましょう。
 そう、今日は有給を取ってどこか遠くへ疾走しようと思ったのですが雨でした。……全然楽しい事じゃないですね。あぁそうだ、amazonで注文したものが届いたのが今日の善き事筆頭でしょう。
 内容はユルスナールの「ハドリアヌス帝の回想」、ドキュメント「ファルージャ栄光なき死闘」、「最強の狙撃手」、オスプレイ「インドのムガル帝国軍」、rage against the machineなどです。
 バイクに乗る時以外は全力で引きこもる方向のラインナップですね。
 雨の滴る音を聞き、ゆるゆると茶を飲みながら蔵書を片手にまどろみたいです、永遠に。

 遠出できなかった鬱憤を絵にぶつけました。朝倉さんに思いを託し。
朝倉さん
 プロテクターは重要です。派手にこけて二台前の愛車を再起不能にさせてしまった罪深い私が言うのだから間違いありません。いつものを貼っておきます。 第18回。



続きを読む

光と影

こ、今回はこの辺にしといてやる。
夕餉
陰影に集中していたので良くみたら体のバランスやら何やらがおかしい気がします。
疲れました。電池が切れる寸前です。
お疲れ様です。

第17回。

続きを読む

従軍牧師に五分間だ!

 残務という名のモンキー野郎共と格闘し帰宅するとZONEで最初の一週間を過したルーキーみたいな淀んだ目になってしまいます。 そうしてくたくたになって喉が渇いているときのビールは私の内なるルブアルハリ(渇ききっているため火水木曜日くらいに部族民がオアシスの領有権をめぐって干戈を交えています)に水が沁み込んでいく様な感覚をもたらします。
 幼少の砌には何で大人はこんな苦いものを飲むんだ、金を出して酔っ払うなんて馬鹿みたいだ、酩酊に活路を見出すなど惰弱極まる奴等よ、などと思っておりましたが、気がつけばまんまと愚かかつ脆弱な大人になっておりました。今日はコンビニで買ったから揚げ君レッドとビール、そして一刻者ロックで。まだ水曜の戦いは始まってもいないというのに何を言っているんだお前は。とミルコ選手の声が聞こえてきそうです。
 さて、先日はっつけた絵は未だ塗り途中です。毎度の事ですが遠すぎる橋に挑んでいる気分です。楽しいですがなかなか時間がかかりそうです。描きたいものは沢山あるのに時間はない。
 そう言う風に思えるくらいがいい塩梅なのかもしれません。がもうちょっとゆっくりしたいものです。

 いつもの続きを貼って泥のように眠ります。第16回。
 
 


 

続きを読む

彼の死を悲しんではならない。彼のようなすばらしい奴と出会えたことを喜ばなくてはならない。

パットン将軍、そもそも出会いがありません。
勤務先との往復を除けば家に篭ったりCBRでかっ飛んでるからだ、という
可能性が濃厚です。
空いている東名高速と朝の芦ノ湖スカイラインは最高です。
巨大な虫がヘルメットのシールドに激突して中身をぶちまけなければなお良かったのですが。
午前中に帰宅できたのでまたちまちまと絵を描いていました。
小説の登場人物ルキウス・フェリクスとクロエリアです。
夕餉を描いていたら腹が減りました。背景と色はまだ先になりそうです。
真っ白。
夕餉
さて、もう遅いのでこの辺にします。

続きをはっときます。第15回。

続きを読む

ノートを取りたまえ、ガウゼ、この場所には千個ほどの地雷が必要だ。

休みだ。
降下開始!降下

絵の練習を続行したいところですが所要で出掛けねばなりません。
やっと光と影が少しだけ分かってきたのに出ねばならぬとは。
あと、定規の使い方が今まで良く分かりませんでしたが調べたら
あっさり分かりました。直線を引くのが簡単です。
ググれよ、を地で行ってました。何と愚かな自分。
無知の知とかそういうレベルじゃないメジャーリーグ級の無知さ加減。

では、出立が早いので終わりにします。
無事帰還できますように。皆様によき休日がありますように。

いつもの続きをはっときます。第14回。

続きを読む

パマギーチェ。ぽまぎーちぇ?

どっちでもいいか。
久し振りにSTALKERを起動しDUTYの射撃訓練場で金を稼ぎ、VINTERを改造し、BANDITを駆逐していました。今度その様子を絵に描こう。
さて、色を塗ったので副長を貼って置きます。

そして力尽きたのでもう何もかけません。副長

いつもの続きを少し貼って置きます。第13回。

続きを読む

孤独に歩め、悪をなさず、求めるところ少なく、林の中の象のように

 今日は決算の打ち上げで経理の飲み会でした。
 気楽かつ自由に飲み食いせよとの指揮官殿(ヘルコマンダン)のお達しは早々に忘却の彼方へ飛び去り一時間と経たぬ内に管理責任や日頃の業務内容への批判が始まりました。
 概ねごもっともでしたが毎度の内容なのでぼんやりとジンロの水割りを流し込み耐えます。
 私は虚栄の市の様な繁華街というものに出ること自体が好みではないのでその場にいることが既にしんどいのですが、そこでにこにこしたり、相づちを打ったりするのもまた業務の一部なのでしょう。
 在りし日のレニングラードの様に堅く防御しているとやがて嵐は去りました。
 毎度こういった会を経て、冷静に考察するにそういった状況を形成している原因の一端は様々な意味で己の無力に帰するのだということが実に身に染みるものです。
 と、ここまで書いて読み返すとそれが完璧無比な給与労働者の愚痴であるということが分かり、ある種の感動を覚えました。おでんの屋台で呻いていればさらに完璧です。
 ぼんやりと生きていた学生の頃はそんな立派な社会人になっているとは思いもしませんでした。
 孤独に歩むのにも金が要る。そんな、生臭いことを帰宅途中に思いました。

 因みに帰りは後輩とモスクワ防衛戦の話からスターリングラードの第六軍、ゾルゲとシベリア赤軍の移動、クルスクやルーデル氏の話をして最後は何故かクセノフォンのアナバシスへ。
 何をしてるんだか。さて明日の戦いに備えねば。

 いつもの続きをはっときます。第12回。
 絵は自給自足第二弾、第10軍団副長、将軍の右腕、イリナ副長を描いておりますが、色がまだなのでまた今度です。
 おつかれ、カメラードの皆さん。

続きを読む

戦いと勇士を私は歌う。

ウェルギリウス先生には遠く及ばないが私も歌おう。
連休が終り平日の戦いに備えなければならない憐れな労働者の歌を。
あの家畜を輸送する運搬車より酷い満員電車に乗る者たちの事を。
自分の事じゃないか……。
そんな連休最後の夕暮れの精神状態を絵にしてみたらヒッティーンの角で敗北した後の
テンプル騎士団の人が出来ました。
週末

慈悲深き神よ我をお救いください。
……酒飲んで寝よう。
毎週、こんなだな。いや、毎日か。

前回の続きを貼っときます。第11回。
では、また。

続きを読む

一方、ソ連は鉛筆を使った。

こんばんわ、嗚呼連休最後の日が来る、いや来てしまった。
酒を飲んで忘れよう。
午前中は多摩丘陵方面を駆け抜けていました。
朝、誰もいない郊外の道をCBRで走るのは中々に気持ちの良い事です。
周辺住民の皆さん、無改造でノーマルマフラーですがうるさかったらすみません。
あと、ガソリンの値段が少し下がったのは有難い事です。

さて、今日もちまちまと絵を描いておりました。
自分の書いた小説の登場人物を自分で描く。
何と言う自給自足。
主要人物の一人、メモ魔にして本の虫、いい奴なのに他のろくでもない登場人物達に囲まれる憐れな娘、クロエリアです。
クロエとスーク旧市街

いい若者が休日に他にすることはないのか、と言われそうな気もしますが
バイクと酒とPC以外に友達がいないので仕方がないのです。
あぁ、絵の話でした。そう、初めて女性を描いた気がします。
むくつけき漢共や甲冑ばかり描いていたのでなかなか新鮮でした。
進歩した事はレイヤーの使い方を少しだけ覚えたこと。
発覚した改善すべき点は人間の表情を描写するのが恐ろしく苦手であるということ。
目を書くのがとてつもなく難しくそれだけで30分以上難渋してました。
小さく描きすぎたのも難易度を上げた原因かもしれません。
ドット単位で視線をいじるのはしんどい作業でした。
次からはでっかく描きます。


おつかれさんでした。
昨日の続きを貼ってそろそろ寝ます。
10回目。

続きを読む

遠すぎた橋

戦列艦を描くのは遠すぎた橋だったかもしれません。
実に難しい題材でした。この体たらくではネルソン提督のお怒りを買いかねません。

1805年10月21日12時 トラファルガー沖戦列艦

明日は晴れなので奥多摩あたりに走りに行きます。
ネズミ捕りに引っ掛かったりせず無事帰還できますように。
では続きを貼って寝ます。9回目のはず。

続きを読む

荘厳さから滑稽さまでは、わずか一歩にすぎない。

中間決算と監査が終った。休みだ。また絵を描いています。
燃料はグレンフィディック12年なので前より良いものを描ける筈だ、と信じたいです。
人は、見たいと思う現実しか見ない、とかアレシア包囲戦の勝者の方の人が言ってたような
気がしますが気にしません。
今回は著名な帆走戦艦ヴィクトリー号に挑戦しております。
選んだ理由はかっこいいからです。
つまり、かっこいいからです。
小学生みたいな理由ですが大事な事なので二回言いました。
戦列艦はロープやら砲門やらが多く描いていて手が痛くなってきますね。
あと、海の描き方がわかりません。
艦自体も資料がwikipediaくらいしか見つけられないので細部が分かりません。
なんて無謀な挑戦なんだ。
だが、それがいい。

前回の続きを貼って寝ます。第10回かな。
おつかれ、私。おつかれ、みなさん。

続きを読む

ソビエトロシアでは金が貴方を消費する。

題名はソ連的倒置法で遊んでみたものですが思いの外グローバルスタンダードだったので
何のジョークにもなりませんでした。すみません。

さて、三日ほどちまちまと描き続けていた甲冑男を貼ります。
安いペンタブレットとpixiaを手に入れてCGなるものを描き始めて2週間。
人生二度目の色塗りとなりましたが根気のない自分としては結構頑張ったほうです。
いろいろな描き方や塗り方、機能の使い方を学べて楽しかったです。
甲冑男01

モデルは前回の日記の通りヒストリカルフィギュアで背景は勝手に妄想したシリア方面です。
聖ヨハネ騎士団の団員ですがこんなブログを読んでいる方にはきっと説明の必要がない集団でしょう。
が、一応簡単に書いてみます。聖地巡礼の信者保護を任務とするヨハネ騎士団→アッコン失陥でキプロスへ→ロードス島を東ローマ帝国から奪ってロードス騎士団になったと思いきやオスマン帝国と本気の喧嘩をして必死の抵抗空しく敗北→マルタ島でマルタ騎士団になる。
あとは海賊やったりレパントの海戦に参陣したりとなかなかの過激派です。

いいですね、薄味な私も人様に御迷惑にならぬ程度に面白おかしくやっていきたいものです。
とりあえず……酒だな。
また、それか。一杯飲んだら寝なければ。やめられなく……。

小説らしきものの続きをはっときます。毎度の如く血の気の多い話だと我ながら思う。生活が
単調で安穏としているとそういうのを志向するのかな。
分かっていますアウレリウス帝、自省ですよね。
そして読んでる人いるのだろうか。まあいいか。練習練習。
おやすみなさい。明日が貴方にとり良き日であるように。

続きを読む

ゆっくり急げ。

こんばんわ。深夜帰宅して眠いというのに机に置いていた聖ヨハネ騎士のヒストリカルフィギュア(金属製のは高くて買えないから樹脂の奴)を見ていたら無性に絵を描きたくなり描画開始。
チェーンメイルは描くのがしんどいです安西先生。
でも楽しいからいいです。もう少しで完成するので明日貼れると思います。
ああ、ゲームしたり、本読んだり、バイク乗ったり、酒喰らったり、絵を描いたり、文章を書いたり、好きな事だけ出来たら良いのに。夢は安定した資産(何だそれ)のある無職です。
と、小学生の様な発想が頭をもたげて来たので寝ます。

あ、小説の続きを貼ってみます。死人は出てない、かな。

続きを読む

北へ行かねば

こんばんは。あっという間に涼しい季節になってしまいましたね。
今日は絵に色をつけるのがとてつもなく難しい作業だということが良く分かりました。
強化外骨格が描けたので良しとします。

ZONE


前回の続き(10年後の話です)を貼って酒飲んで寝ます。
土曜終った……。

続きを読む

旅人よ、行きて伝えよ、ラケダイモンの人々に。我等かのことばに従いてここに伏すと。

こんばんわ。決算業務が始まり毎日ぐったりです。
が、題記のように石碑に刻まれたスパルタ人達がテルモピュライで成し遂げた事に比べれば何ほどの事か、爺のフ○ックの方が気合が入ってる、と内なるハートマン軍曹が叱咤激励してくれます。
軍曹、今日は疲れたので勘弁してください。神様に任せればケツに奇跡を突っ込んでくれる筈です。
さて、何の話だったか。そう、どんなに大変な事でもカンビュセスの遠征、アルプス越え、オマハビーチやニューギニアやファレーズ、地獄の東部戦線を思い起こせば涼風に等しい、とかそんな感じです。
……本文読み返し中。


やっぱり疲れてるみたいだ……。前回の小説の続きを貼って寝ます。おやすみなさい。

続きを読む

軍団の背骨

ROME 第20話 「貞淑と裏切り」を見てたらプッロさんがいつにも増して格好よく見えたので
書いてみました。冷静に考えるとろくでもない奴だが、好きな登場人物だ。
一生懸命似せようとしてもどうしてもどこか違う気がする。
ついでに装備していた鎧をセグメンタータに変えてみた。
時代考証が狂ってしまうけど似合っているから良し。趣味です。おやすみなさい。
ぷっろさん
軍団兵履歴

Legionarius

Author:Legionarius
主に世界史・戦史(東西問わず)の絵を描いております。

形式:Legionarius
状態:製造年月日から30年以上経過
使用燃料:Laphroaig,Bowmore,
Ballantine(12年が好ましいが財布が薄いのでfinest)
エンジン形式:惰性型酒冷4ストロークバルブ108気筒
始動形式:諦念あるいは深い溜息
搭乗機:CBR600RR07白→CBR1000RR2012に機種転換(乗り手に過ぎる良い機体ですがハイオクは財政が……)

音楽:(Bill Evans, Miles Davis, Dvořák, Linkin Park, Rammstein, Killswitch Engage, Enigma外)気に入れば何でも。

書物:ノンフィクション、歴史(ローマ史、古代ギリシャ,WW2外)、SF(ホーガン、ハインライン外)、最近はOsprey社の本ばかり。主にマクブライド先生のやつばかり。

漫画:(大陸軍は世界最強とかアララララーイとか)雑食。

ゲーム:ROME TOTAL WAR、MEDIEVAL TOTAL WAR
     CALL OF DUTY、S.T.A.L.K.E.R、SILENT HUNTER外

好きな陛下:Marcus Aurelius Antoninus、Flavius Claudius Julianus
好きな甲冑:ロリカ・セグメンタータ
好きなヴァンツァー:フロスト
好きなマクナブ:受領通知!!、カチカチ、カチカチ、続刊はいつですか。
以下、好きなギボン、サトクリフ、パウルカレル、スティーブンハンター、フォーサイス、ルカレ、エルロイなどと八万行に渡って続くので割愛。

辺境報告
往復書簡
オスティア港
記録抹殺刑を免れしもの
軍団基地施設案内
忠誠宣誓をした軍団兵の人数
神託を得る
pixiv
RSSリンクの表示
街道網
同盟申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード