どの国家も身の丈にあった政府を手に入れる

どの国家も身の丈にあった政府を手に入れる。
――アリストテレス

最高の人物に投票したいのは山々だが、そういう人物が候補者になったためしがない。
――フランク・ハバード


相変わらずというか何というか政治が残念なことになっておりますな。
大概アレな候補の中からマシなのを消去法で選ぶ→在任中に不祥事→マスコミ大騒ぎ→引責辞任→再選挙。
この流れを繰り返していると結果的に残るのはどんな政治家でしょうな。
あたりさわりのない美辞麗句を連呼し、対立候補を闇雲に批判し、上っ面の道徳観を重視し、何の具体性も計画性も無い目標を掲げる様な人でしょうか。財源の目途もない飴をぶら下げる釣りをして時間と労力と予算を空費する繰り返し……あらゆる無償化、補助金は「税」から出るので無から発するタダの丸儲けではない筈なのですけどね。

民主主義国家ということになっているので誰に責任をなすりつけることもできないのでしょうな。
表出したそれはまさに鏡を見るようなもので。まさに国民はその質以上の政府を持つ事は出来ないという奴ですかね。

虚無というかニヒリズムの類に陥っても仕方ないのでしょうけど。
候補の出てくる基盤となるのも、選ぶのも国民ですから、つまりは過不足なく本質的にそういう水準の国ということなのでしょうな。





それでも相対的に見れば日本という国は世界でも有数の安全で豊かな国なのでしょうが、そこに住む人は何だか辛気臭い顔をしているし、余裕のない人も少なくない訳で。ネットとか満員電車ばかり見ているからそういう風に感じるのかもしれませんけどね。
例えば日々幸福に満ち満ちて暮らしている人はなかなかネットで日記を書いたり、呟いたりしないでしょうから。
衝撃的な事件が無いとニュースやら何やらの商売が閑散とするようなもので。
観察する対象の分布・傾向に問題があるという可能性もあります。

もっと適当に生きても良いのでしょう。色々な生き方があるという事を知っておくのは悪くないと思います。
そうそう飢えることも無いですし、よほど高望みしなければ結構色々出来る国でもありますからね。
もっとも重要な事はまず自分が何を求めているかを明確に知ることなのでしょう。





・自由飲酒主義者の日常

お好み焼きというのは色々種類があるようですがキャベツが入っていて豚が入っていて揚げ玉とか餅とか色々追加できるのが面白いですね。あと焼きそばが入ってる奴が好きです。



飲んでますな。まず長生きは無理でしょう。
好きなように飲んで生きるのが主眼なのでそれは最重点目標ではないのです。
ボトルの本数から察するに今年も順調にロシア人平均を軽々と上回りそうですね。




















・あっという間に秋

2017年もすぐ終わりますな。



・鷲の軍旗

ついにやってしまったので今年はもう大きな買い物はしないようにしよう……(この間もそんなこと言ってましたっけ?)







・ゲームやら映画やら

相変わらずの規模ですな。





独特の気になる雰囲気です。



片淵監督が携わってるのですかね。



街を彷徨うのが楽しみです。






百何話あった前作とは尺が大分違うのですかね。



このシリーズは相変わらず妙な具合の会話が面白くて良いですな。
他の短編集も面妖極まりない世界が広がっておりますが。





ダンケルクに続き関ケ原を。
原作を2時間ちょっとで詰め込むのは難しいでしょうな。
そういう映画として雰囲気は楽しめます。





あとはメッセージ、美女と野獣、パッセンジャー、この世界の片隅に(2回目)などをamazonで見ました。
どれも良作であるように思います。
借りに行って返す労力と時間を考えるとネットレンタルの方が良いかもしれませんね。
ただ、本屋で本を見て回る時もそうなのですが、思いがけぬ作品との出会いの機会は失われますな。
どれということもなく棚を見て偶然気になったものをふと手に取るというのがネットだと難しいです。
無論失敗もありますが、店頭をぶらつくのも悪くはないでしょう。

・お絵描き




アテナイの船と戦士達、そしてアルキビアデス。








それでは今回はこの辺で。
市民諸君にパルラス・アテーネーの加護ぞあれ!
スポンサーサイト

われわれは、美を愛する。だが、節度をもって。


われわれは、美を愛する。だが、節度をもって
われわれは、知を尊ぶ。しかし、溺れることなしに
われわれは、富を追求する
だがこれも、可能性を保持するためであって、愚かにも自慢するためではない
アテネでは、貧しいことは恥ではない
だが、貧しさから脱出しようと努めないことは、恥とされる
――ペリクレス




幼稚園も小学校もあまり気が進まなかったし、中学高校も大学でもいまいち熱心ではなかった様な記憶が。
仕事も就職した瞬間から、というか就職する前から怠いだろうな、と思ってましたし。
思い返せば私にとって楽しいと思うことは図書館とか映画館とか自分の部屋とか二輪とかスキーとか、殆ど集団や組織の外にありました。昔から“社会”とか“義務”とか“定められた目標”といったものに向いてないのでしょう。



休日の予定まで干渉されたくないのですが、労働者はそうはいかんのですよね。
もっと自由に気ままにやりたいものです。



職業病。染みついた生業というか何というか、寝ても気が休まらないというのはしんどいですな。
夢の中にすら逃げ場無しという……。



そろそろ昭和みたいな慣習は卒業したらどうかと自由飲酒主義者としては思うわけですが、そういう世界で過ごした人はそれを自明のものとして刷り込まれているので変化を期待するだけ無駄かもしれませんな。
世代の交代と時間の経過が変化をもたらすのかもしれません。





どんな分野でも上手いとか下手とか、詳しいとか詳しくないとかで優劣を競ったり、引け目を感じたりと似たようなヒエラルキーを作っている訳ですが、そんな事は気にせず、自由に楽しめば良いのではないかと思います。
門を狭めればどんなものでも過疎化し、先細りしていくでしょうし。



有志が自分の責任で部外者に迷惑をかけなければ、変態行為だろうが何だろうが何してたって良いと思いますけどね。
他人のする事が気になって仕方ない、自分の気に食わないものは存在してはならないという人が存外にいるのですな。
世の万事が己の意に沿う様に展開するなんて無理な話でしょう。




・二輪、酒、料理

静かな神社とか山とか海とか、二輪を駆って彷徨うのは得も言われぬ楽しさがあります。



赤色は写真だと肉眼で見たものと大分印象が変わってしまいますね。



焼酎の様な手頃な酒も美味いですが、たまには良い酒を飲んでみましょうということで。
家族が全員酒飲みなので3日ともたないんですけどね……。



肉の赤色を残す感覚を掴む修行をせねば。



羽田に着いたら天鳳麺




・お絵かき

出張が何度か入ったせいか、結構かかりましたな。
こういう脇役というか、味わい深い登場人物に弱いのです。
最新技術でリメイクしてくれないかなと。



次は古代ギリシアでも随一の問題児、アルキビアデスの絵でも描こうかなと思っております。
信じられないほど波乱万丈な生き様で映画にしても面白そうな人なのです。
同時代で振り回された人は堪ったもんじゃないでしょうけど。ただ、彼を選出し、口車に乗り、掌を返す様に追放したり呼び寄せたりしたのもまた当時の民衆なのでしょうから、責任の所在や何処に、というところでもありましょうな。


・色々見る。読む。

全四回。阿呆でも分かるように説明してくれるのでありがたい。
問題はその時は理解しても記憶が持続しないという事ですな……。



カツオの縞模様の縦横が栄養状態に応じて変わるとか知らなかったです……。



ダンケルク、良い出来でした。
大体こういうことがあったのだろうなと思わせる説得力のある絵作り、緊張感のある演出など、気合の入った作品です。
こういう作風で米英に限らず、各国の様子を見てみたいです。
フランス軍の対応が間に合わないほどの速さでどんどん進むドイツ軍、結構な戦力を有しながら混乱して活かせないフランス軍、酷い有様の東部戦線、寒々しいフィンランド、不毛な北アフリカ……題材は色々あるのではないかと。







バランスよく内紛を継続するようにあちこちに資金提供したり、間接的に支援したり。
そういうやり方は近現代も変わりませんな。



ガートルード・ベル、アラビアのロレンスと同時代の話ですな。







ブラックセイルズの続き。盛りあがって参りました。





ゲームオブスローンズ7期。相変わらずのクオリティです。



こういう風景の撮影はドローンの得意とするところなのでしょうね。



これはやるしかないですな。
ローマ軍の武装が気になってしまうマンとしても。



原点回帰だと良いですな。
あまりに超人的な活躍をするヒーローものより、巨大な歴史の中を限られた力を振り絞って生きる人々の方がゲームとしては没入感があって面白いのではないかと。好みの問題ですけど。



フロントミッションの流れを汲む作品なのですかね。
気になります。



このシリーズはお勧めです。歴史の本や小説を読んだり、映画を見たりするにしてもイメージの喚起や細部への理解があるのと
ないのでは楽しみの濃度が違うでしょうから、こういうので予習した方がより面白いのではないかと。



最近の歴史漫画は結構渋い時代を取り扱っていて、それでいて熱い作品が多いように思います。





ふたばさんの古代ギリシア漫画。
pixivでも大分前から様々な作品を発表されてましたが、大活躍ですな。



これ、ジブリでやってくれないですかね……。
最高に面白そうなのに。




それでは今回はこの辺で。
市民諸君にグラウコピス・アテネの加護ぞあれ!

歴史は人間が成し遂げたことが


歴史は人間が成し遂げたことが忘れ去られないよう願って書かれた。
――ヘロドトス



仰る通り、それを自分自身の手で拭い去ってしまったら世話ないですね……。

米国はまた荒れている様ですな。
過去の歴史を現在の価値観や道徳基準に照らして検証したり分析したりするのは別に良いとは思うのですが、それに則って遺物だとか文化や情報を何でも否定して除去していくと、いずれ何もかも無くなる気がするのですがどうなんでしょうね。どうにもあの手の騒ぎは空回りというか何というか、日常の不満を分かり易い“大義”にのせて転嫁・発散している様にも……祭りというかポーズというか、非常に空虚に見えます。どちらの側も。



海軍の艦艇がまた衝突したそうですが、このサイズの民間の船が米海軍の高性能なレーダーに映らないということはあるのでしょうか。接近や針路の交差を警告するアラームを切っていたか、当直の見張りが肉眼でちゃんと外を確認していなかったかということでしょうか。いずれにせよここまで接近を許したということは明らかに害意のある船舶の場合、何でも出来るということでもあるのでしょうね。それを全世界に教えてしまったことになるのですから、大問題でしょうな。



仕事の付き合いで銀座やら何やらその手の店に行きますが、やはり私は夜の街にはあまり向いてないようです。
決まった額を払えばチヤホヤしてくれるので束の間の承認というか、そういう錯覚を人々が求めているというロジックは分かるのですけどね。そういうのは個人でやってくれというか、さっさと帰りたいというか……。






・自由飲酒主義活動

刺身にすぐガルムをかける奴。






鰹のマリネ




巨大な肉を焼く


牛丼の再現



宴を催す。とにかく練習、実践。






もう少し柔らかに赤い色合いが残るくらいの焼き加減が良かったですな。
40分くらいで。余熱で火も通るのでオーブンからさっさと出すべきでした。





キリンビール工場見学。ビールの歴史的経緯まで学べます。




・ゲームやら何やら

長いこと愛されてますな。



1次大戦に二足歩行兵器という設定が渋いですな。





AOE4、これはまた懐かしいものが……。



このシリーズで古代ローマの時代が描かれるのは初めてでしたかね。



HMDをつけて操縦したいものです。



M&Bはよ!



また渋い設定ですな。



こういうテーマパークがあってもいいですよね。
甲冑とか武装とか建築とか少々気になる所が無いでもないですけど、お金かかるでしょうからね。古代や中世の風景に紛れ込んでみたいのであります。限りなくリアルにしたら残虐かつ不潔極まりないことになりそうですが、それはそれで。









・お絵かき

私にとってちょうど小学生から高校生くらいだった90年代にやったゲームの印象が大きいようで。
フロントミッションとかメタルマックスとかファイナルファンタジータクティクスとか。
戦史趣味にもこの辺から少なからぬ影響を受けている気がします。

あとはレゴとか。



というわけでFFTのガフガリオンと50年戦争中の東天騎士団の部下達とかいう誰が覚えているのかよくわからない設定を借りて絵を描いております。ちょっと村を焼くくらいの軽いつもりで描いてたら何だか結構な都市を破壊しておりました。
元のイラストがデフォルメされたものなので細部をどのようにいじればいいか考えるのが難しくもあり、楽しくもあり。たまにはこういうファンタジーめいた奴も良いですね。







さて今回はこの辺で。
ローマと軍団に無敵のマルスと全能なるユピテルの助力あれ!

豊かさとは、多くの富を所有することにあるのではなく

豊かさとは、多くの富を所有することにあるのではなく、少ない欲求のみをもつことにある。
――エピクテトス





単身なら別にそんないらんでしょうな。そもそも生涯賃金2億強という時代もとうに終わっているようですし。“まっとう”に家庭を築いている人の年収も順調に減るのは社会としてはまずいかもしれませんけどね。

大病を患ったらどうするとかいうのもあるのでしょうけど、永遠に生きる訳でも無し、病気とか事故とか災害とか心配と不安の種に限りは無いのでどこかで諦めるしかありませんな。昔の人もそうやって順番にバタバタと死んでいったのでしょう。延々と長生きする技術を研究するのも自由ですが、もうそういうのは結構なので楽にくたばりたいという人向けの技術も研究して欲しいものです。

清貧を徒に美化するだとか、昨今流行りの断舎利だかミニマリストだかはわざとらしくて好みではありませんが、ほどほどが良いです。三食事欠かず(別に二食でも良いのではないかと思う時もありますが)、住む家があって娯楽もある。それで十分なのでしょう。

殊更に人と比べ、優越感や劣等感とか“平均”の虜になったり、対象そのものの価値を自分がどう判断するかではなく、他者からどう見られるかということに引き摺られたり、というような消費傾向に陥り始めると虚しい欲望が際限なく増大していくのでしょう。何故なら比較対象は地球上に70億強いるわけで、きりがありません。大概そういう人は自分が何をしているかすらよく分かっていないように見えます。そうした活動を推進するのが広告・宣伝であり、それらに触発された欲求が活発な経済活動とモノの溢れる社会を支えているのでしょう。

その手の価値観と消費傾向から半歩引けば、そうした騒がしい生産と経済の恩恵(おこぼれ)に与りながら、そこまで金を使う事無くほどほどの満足感に包まれて生きる事ができるでしょうから、私はそれで良いのではないかと。大した能力もエネルギーもありませんから状況や社会に抵抗するとか、否定するのではなく、狡猾に利用するという感じで。

買った方が良いとか、やった方が良いとか、こうせねばならないと誰かに示唆されるがままに時と費用と労力を費やすのではなく、自分が本当はどうしたいのか主眼や優先順位を見極めている者こそが“豊か”なのではないか、と私は思います。
とはいえ、踊る阿呆にという言葉もあるか……いずれにせよ一度立ち止まって考えるくらいの余裕はあった方がいいかなと。



いや、私は手頃な焼酎でも飲みながら刺身とか鳥とかを肴に出来れば良いのですけどね。
あとは本と二輪と絵を描く時間があれば特に強烈に欲しいものは無いです。

現代においてはそういうものを楽しむ静けさとか時間の余裕というもの自体が既に贅沢なのかもしれませんが……。
それくらいは死守したいものです。


・日々の徒然





国体の護持と社会保障制度の維持のために人口を再生産するというのは主客が転倒しているように思えて、もう少子化でも良いんじゃないかという気がします。

どうも私は国が税を投入して人口をどうこうするというのに違和感を覚えます。最終的に決定するのは各員の意志であって、共同体が目標を提示する様な類のものなのだろうかと。経済状況や支援の加減も一要因としてはあるでしょうが、例えばもっと危険で貧しかった昔の人の事を考えると主要因はそれだけではない気もしますし。たぶん一定数まで淘汰されると、今度は必然的に子孫を残そうとする性向の個体がその大勢を占めるのでしょうから人口の動向もまた変わるのではないですかね(適当)


疲れるし、痒いし、薬液の水槽に沈んでいたいです。
そのまま冷凍して皮膚炎を根治する技術が発明されるまで眠らせて下さい。
いや、別に起こさなくても構いません。




何というか、本質的に迷信とか神託の時代から人は大して変わってないのでしょうな。信仰や占いが科学とか学術的・政治的権威の皮に変わり、パッケージが変わっただけで。考えるとか観察に基づいてより効果的な結論を導き出すとか、そういう事をする人はあまり多くはなく、ほとんどはただ言われるがままやっているということなのでしょう。




・自由飲酒主義運動

鯵と鰯があればいい。



大陸の人は餃子を焼かないし、ご飯は一緒に食べないんでしたっけ。





大衆居酒屋の雰囲気も良いですよね。





公会議の様子。シリアよさらば、敵に渡すには何と惜しい地である事か(違う)








・色々見る。

歌が何ともまあ凄い映画ですな。



メルバーン卿がいつも帰りたがっているのが笑えます。
私も帰りたいです。







引き続き海賊







ローマ人なら一度はバイアエでごろごろしたいですな。






駅前が広場になってました。



・二輪を駆る

有名観光地よりも西伊豆くらいの緩い雰囲気が好みです。

















今乗っているのと同じ車種ですがさらに出力が上がっているようですね。
今年で6年目、乗り換えるつもりは全くないですが、壊れて修理できないとかそういうことになったら最新モデルも良さそうです。
規制から解放されて本来のパワーを発揮できるのでしょう。いや、ほどほどにね……。




・お絵かき

古代は様々な色彩が溢れているイメージですかね。
特に東方は豊かでその傾向が顕著だったのではないかと思っております。








八月も概ね楽しんでいると言えます。
接待とかゴルフをぶっこまれなければ完璧なんですけどね……。


元老院議員並びにローマ市民の皆様も善き夏を過ごされますよう。

人生とは戯曲に似ている。


人生とは戯曲に似ている。
長さではなく、芝居の質が問題なのだ。
――ルキウス・アンナエウス・セネカ



面白おかしく。

オリンピックの準備は迷走している様な印象があるのですが一般的にはどうなんでしょうね。
無理がたたって死人も出ているようですし。私としてはまったくやる理由がわからないのですが、決まってしまったことは続行するしかない、という状況なんですかね。埋没費用とかコンコルド効果の例として教科書に載りそうなほど典型的な感じに思えますが……。お金が回ることによって経済が成立するというのはそうなのでしょうけど、需給を考慮しない投資とか徒に維持費が発生するものをドカドカ建ててたいして使われないまま腐らせていくとか、そういうお金の使い方は権益に与っている人にしか利益をもたらさないのではないかと思います。

彼の国の首脳部もえらいことになってるようで、全体としての質はどんなものなんでしょう。
選んだのは国民なので責任も国民にあるのでしょうけど。
一番教養があるのはマティス氏でしょうか。



ぶらり九段の旅



こういう小屋が欲しいです。静かに暮らしたい、たまに仲間で集まって宴を開くとかそういうのも良さそうです。




・外で飲む、家で飲む

皆さんと銀座のローマ料理の店へ。非常に美味かったです。







自由飲酒主義同盟の諸侯と錦糸町で。
何というか圧倒的に文化が違う……という別世界を垣間見ることが出来て面白いです。



こういういかにもアメリカンな店も面白いですね。
精神年齢が小学校くらいで止まってるのでケチャップを見るとすぐ字を書いてしまうのです。





ずっとゴロゴロしていたいのです。



鱗を落としてからやりましょう。



ドライカレーはピラフ状のやつと挽肉の奴とあるようですが、私はこっちが好きです。





スペアリブはスパイシーに仕上げるのが好みです。ビールに合う。






・夏は泳ぐ

運動不足なので週に一回ですが泳いでおります。
泳いでいる間は何も考えないでただ前に進んで折り返すという動作に集中できるので良いですね。
横浜国際プールの二輪駐輪場は正面からそのまま車止めの間を抜けて左手です。


いや、運動するそばからこういうの食ってたら駄目なんでしょうけどね。
即堕ち二コマみたいな。




・漫画やら映画やらゲームやら

イサックという漫画が面白いです。
戦史趣味者は好まれるのではないかと。
http://afternoon.moae.jp/lineup/753

バルツァー最新巻、騎兵と戦術の変遷と、という物語でしたね。
所領の連隊を抱える貴族と国家の軍隊と、時代の変化が色濃く感じ取れる内容でした。



さてどの世界を描くのか気になります。



古代ローマ映画一覧。便利ですね。



歴史映画、年代別一覧。



これは気になる。




・お絵描き

ご託はいいからやれの精神、というわけでパルミラ復元計画を実行に移しました。












・装備を揃える。

あとはスクトゥムとマニカと外套ですかね。







絵は時間かかりそうですが完成したら、またお会いしましょう。
ローマと軍団に無敵のマルスと全能なるユピテルの助力あれ!

軍団兵履歴

Legionarius

Author:Legionarius
主に世界史・戦史(東西問わず)の絵を描いております。

形式:Legionarius
状態:製造年月日から30年以上経過
使用燃料:Laphroaig,Bowmore,
Ballantine(12年が好ましいが財布が薄いのでfinest)
エンジン形式:惰性型酒冷4ストロークバルブ108気筒
始動形式:諦念あるいは深い溜息
搭乗機:CBR600RR07白→CBR1000RR2012に機種転換(乗り手に過ぎる良い機体ですがハイオクは財政が……)

音楽:(Bill Evans, Miles Davis, Dvořák, Linkin Park, Rammstein, Killswitch Engage, Enigma外)気に入れば何でも。

書物:ノンフィクション、歴史(ローマ史、古代ギリシャ,WW2外)、SF(ホーガン、ハインライン外)、最近はOsprey社の本ばかり。主にマクブライド先生のやつばかり。

漫画:(大陸軍は世界最強とかアララララーイとか)雑食。

ゲーム:ROME TOTAL WAR、MEDIEVAL TOTAL WAR
     CALL OF DUTY、S.T.A.L.K.E.R、SILENT HUNTER外

好きな陛下:Marcus Aurelius Antoninus、Flavius Claudius Julianus
好きな甲冑:ロリカ・セグメンタータ
好きなヴァンツァー:フロスト
好きなマクナブ:受領通知!!、カチカチ、カチカチ、続刊はいつですか。
以下、好きなギボン、サトクリフ、パウルカレル、スティーブンハンター、フォーサイス、ルカレ、エルロイなどと八万行に渡って続くので割愛。

辺境報告
往復書簡
オスティア港
記録抹殺刑を免れしもの
軍団基地施設案内
忠誠宣誓をした軍団兵の人数
神託を得る
pixiv
RSSリンクの表示
街道網
同盟申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード