曖昧な場合には行動してはいけない

In dubiis non est agendum.
曖昧な場合には行動してはいけない



行動の前に確認したほうが良いですね。


Don't you know then, my son, how little wisdom rules the world?
An nescis, mi fili, quantilla sapientia mundus regatur?
息子よ、お前は叡智がいかに世界をほとんど支配していないことを知っているか。


https://en.wikipedia.org/wiki/Axel_Oxenstierna#Quotation

アクセル・グスタフソン・オクセンシェルナ伯爵のこれはネットだと上の訳が散見されるのですが、世界は必ずしも叡智によって治められている訳では無い、という意味合いで良いのですかね。たとえば「我が息子よ、お前は知らんのか?世界がいかに細やかな(頼りない)叡智によって統治されているかを」みたいな感じですか。どちらもやや皮肉っぽいですけど。ウェストファリア条約の交渉に赴く事を心配していた息子への皮肉めいた励ましでしょうか?


雪国の人からしたら大したことないのでしょうけど、東京の交通網はそういう設計になっていないようで、利用人数も比ではなく、必然的に混乱するのですよね。大混雑で行列、早く引き上げた方が良いです。












完全装備でうろつきたいですね。



修繕しないといけない施設とか、投資すべき研究とか産業とか、支援や補助を必要としている人間や分野があると思うんですけどね。こういうのに投資して大丈夫なんでしょうか。



終わりなき繰り返しという感じですな。




・自由飲酒主義解放戦線

池袋にてもりもり飲んでました。で、帰れなくなる。







調味料をいろいろ混ぜるのも楽しいですが……。





シンプルな味付けの牛もまた良いですね。
霜降りより、いかにも肉を喰ってるなという気分になる血の滴る赤身が好みなのでこういうのが一番です。





だいたい同じようなサイクルで同じようなものを食べてますな。










とんかつを好きな時に食べられるくらいになりたいですね。




葉巻が尽きたので何とかせねばなりませんな。







二郎は行ったことないのですけどインスパイア系(?)は結構行っているのですよね。


さわやかにもいつか行きたいものです。昔はビッグボーイとかももっと焼き方がレアだった記憶があるのですけど、衛生関係が厳しくなったのでしょうな。自己責任で従来のを出してくれるとかそういうのがあれば……。




・色々見る

黒の契約者、ソラノヲト、アルドノアゼロ、キルミーベイベー、ゆるキャンなどをamazonで見てます。



いやROME見てたらそういうのも見たいなと。



アルテと乙嫁語りも新刊がでてました。



Knight Fall気になりますな。





日中共同制作、どんなもんでしょうな。



収拾がつかなくなってきました。





数年前の作品ですけどなかなか笑えます。


ちょっと惜しい感じでしたな。



環境が文明に与える影響大なるを痛感ですな。銃・病原菌・鉄みたいな。
すいとーさんに教えてもらった「日本と馬車」というページでその経緯を学びました。



楽しそうだけれどやる時間があるかどうか……








・お絵描き

逸見氏、島田流家元、武部氏、ノンナという順番でじわじわやっていこうかと。
描けるのか知りませんけど(無責任)



生しらす丼のカトラスに大酒を窘められたいだけの人生だった(人生のまとめに入る)


フサリア出来ました。サイズが大きいのも原因ですが12月、1月は出張や接待が多くて描く時間がなかなか取れず。会食だけで10回、15回?もう数え切れません……そういう訳で結構かかりましたな。以前も描きましたが多少は進歩していますかね。





今回はここまでですな。
ローマ市民諸君が善き日々を過ごされんことを!
スポンサーサイト

渇して井を穿つ

渇して井を穿つ

泥縄

敵を見て矢を矧ぐ


同じですな。後手に回ること。

あけましておめでたいかどうか、実感としては特に何も無いですな。
休みが終わってしまったのが悲しいというだけで。悪くもなく良くもなく。
元より節目とか記念日への意識がいい加減なもので。
去年も一年飢える事無く、飲み食いに事欠かず過ごせたのはめでたい事だと思います。
今年も飲んだり食ったりごろごろしたりしたいものです。



あまり緩いと国際競争力を失うかもしれないという理屈は分からんでもないですけどね。
でもそれは経営者が諭す事であって、労働者が自分から言う事なのだろうかとは思いますな。
コメントを見てると真面目というか滅私奉公というか。諦めと隷属の匂いが漂っております。
そんなことだから良いように使われて取り返しのつかない時間や金を人に喰われるのではないかと。
いや、私が何もしたくないだけなんですけどね。






事故や災害もそうですけど、結局無視できない規模の被害・問題が出るまで注目される事すらないのかもしれませんな。島国だから海路が使いものにならなくなると相当きついでしょうけど。鉱物資源、燃料(ガソリンだけでなく、発電所の電力炭輸送など)に食料、化学品、生活に必要な物はどのような過程を経て目的地に届くか。そして商品の最終的な価格には原材料、製造費、輸送費等々が含まれているわけですから、実際のところ皆の生活に直結してる筈ですが、海運業という業界があることすらあまり知られてないようで。


花粉とか暑いとか寒いとかたしかにかったるいですけど、どの季節も好きです。
寒々しい冬の景色も、新緑も、眩しい夏の日も、物寂しげな秋も、いずれも見どころがあります。










疲れてると変な夢見ますよね。概ね理想の死という気もしますけど。





適当酔っ払い人間の私が所帯を持つとか想像するだに悲惨な結果しか思い浮かびませんな。



愛馬は今年も好調です。



自然科学も人文科学も等閑だとこういう風になってしまうのですかね。何をどうしたらこういう風になるのかちょっと気になりますけど、読書や勉強は大事だという事を教えてくれる素晴らしい教師ですね。自分も気をつけないとなりませんな、いや既にそうなのかもしれませんが、当人は中々気づけないものですし。twitterという情報技術でテクノロジーを否定するという単純な冗談なのかもしれませんけどね……そうあってほしいですね。



・自由飲酒主義

常習的な喫煙はしないのですが、たまに葉巻をやるのはいいですな。





体の幾らかは鯵で出来ているのです。





正月だからというわけでもないですが贅沢も良いですね。



たまにはガパオとか馴染みのない異国の料理も食べたいということで。
挽肉と言えばドライカレーなども良いですね。ビールをグッと飲んで熱々のライスに盛って辛いのを食べる……。





定期的なピザ欲求を叶える。庭があれば石窯を組みたいのですけどね。そんなものはないのです。







飯を作ることに集中したい時というのがありますよね。





私にちょっと材料を与えて下されば、ちょっとしたものをお見せすることが出来るのです。









・ゲームとか映画とか

ヒュルトゲン、映画プライベート・ソルジャー(タイトルがアレに便乗したかのような何がアレですけど結構面白かったような)とかバンドオブブラザース(あれはバストーニュでしたか)を思い出しますな。



ガールズ&パンツァー最終章、実に面白かったです。相変わらずおかしな登場人物が活き活きと活躍して。マリー様としては玉葱の歌は大丈夫(歌詞が……)なんでしょうか。生しらす丼の眠そうな目(?)が気に入ったので描くかもしれません。







現在も事業継続中の巨大企業をしっかり名指しで取り上げるというのが良いですね。社会問題や大惨事をこういう規模の映画作品でやることができるという点は凄い国だなといつも思います。



年をとって色々見聞きしてから映画を見ると(映画に限らず)発見が多くて面白いですね。
ブランデーを頼んで葉巻を燻らせながら死を待つ人(実在https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A0)とか、船員の配置や動き、命令、船体の構造などなど……。



書斎(そんなものはない)で本に埋もれて静かに過ごしたいです。









反乱が起きまくりで大変なゲームですな。
CPUの兵力は無尽蔵の様に湧くし。






・お絵描き

酔いながら落書き。いや、絵を描くときは大概飲んでますけどね。







今回はこんな感じで進めます。







今年も特に何も変わらずやっていくことでしょう。
皆様もよろしくやっていけますよう!(いい加減の極み)

今回はここまでですな。
ローマ市民諸君が善き日々を過ごされんことを!

悪しきローマ人はゴート人たらんとし


悪しきローマ人はゴート人たらんとし、悪しきゴート人はローマ人たらんとする。
――テオドリック1世



もう今年も2週間しかないのですな。一瞬でした。
1月から12月までひたすら酒を飲んでいたような気がしますがたぶん気のせいでしょう。

実に幸運なことに1年喰うに事欠く事もなく、酒もあり、好みの本も二輪もある。無産市民の望みうる至上の暮らし。何万年も戦いと寒暑と飢えと疫病を耐え忍んできた人類が願ってやまなかった理想の条件、概ね望みは叶えていると言えましょう。

敢えて不満を挙げるならゴルフは有志で勝手にやってくれというのと電車が死ぬほど混んでるのを何とかして欲しいというのと早くひきこもりたいというあたりですかね。最後を達成すれば前2つはどうでも良くなりますが。
特段に世に憚りたいという欲求は無いので厭離穢土な具合で引き続き面白おかしくやっていきたいものです。

毎日起きて地下鉄に乗り込み、帰る頃には真っ暗で、ろくに日を浴びることなく、木々や空を見上げる余裕すらないとか、そういうのは勘弁してほしいものですな。いや今まさにそんな感じですけど。

過大な富への欲求も権勢への意欲も無く、人を害することなく、害されることもなく、愚にも付かぬ諸事に煩わされる事無く、静かに淡々と生きてこの騒々しい世を濁さず去りたいものです。

結構な景色で。



・自由飲酒主義

手っ取り早く酔いたいとか明日の事など知らぬとか、考える余裕すらないとか、刹那主義も分からんでもないですが、ストロングゼロをやるなら芋焼酎とかバランタインとか、その辺の方がよろしいのではないかと。コスト的にも。





塩軟骨と芋のお湯割りが最高ですな。



揚げ物は揚げたてが一番です。ビールに合う。



魚山亭、おすすめ。のんびり焼酎を飲むのに最適です。



・整備とコート

ガソリンスタンドの空気入れは取り付け口が二輪にあってないのか空気が入りにくいのですかね。
チェックしてもらったら定期的に入れていた筈なのに空気圧がだいぶ下がっておりました。



今季の大きな買い物はこれくらいにしておきます。



・建設的なニュースが欲しいところですな

足りないから税金を掛けるのは誰だって出来るのでは……。私人や企業は手持ちの金か事業計画の審査を経て銀行から必死に融資を受けた金で回すのに、何故国家は甘い見積りで際限なく金を集める発想に到るのでしょうな。求められるサービスの分だけ財源が必要となる仕組みでもあるのでしょうけどね。



成績優秀な人とか、やる気があって勉強したいけどお金が足りない人を社会が支援するのは分かりますけど。暇人の学び直しとか、大学でABCとか初歩的な算術を習ったり、ろくに出席もせず遊んでいる様な人も含めて誰も彼も一律で無償化にするのは疑問ですな。そういうのは自費でやるべきでは。そもそも全部税金なので払うのは国民自身であり、無償のものなんてどこにも無い筈なのですけどね。止むを得ず必要とされるものと、ただ家計支出を歳出に転嫁するのとでは大違いなのではないかと。



分かり易い搾取ですな……扱き使われる人も悲惨ですけど、業者はさっさと法人潰して知らん顔で、そういうろくでなしの短期的利益と引き換えに国際的な信用とか商売上の評価などが下がって他の人がツケを払わされるのでしょう。そういうことをするのは今に始まった事ではありませんし、別に日本企業だけのことではありませんけど、他がやってるからやって良いという話にはなりませんな。



トランプ氏は国内最優先を掲げて選ばれたのではなかったでしたっけ。
こんな熱々の場所を敢えてつつく利点があるのですかね……。



・見たりやったり

これは面白そうです。



20~60年代までシリーズ化されてますが全編通じて基礎工業力の違いというものを感じますな。








シミュレーションゲームの類をやる度に時間が無いというのを実感しますな……。







・お絵かき

人物を描くのも好きなのですが、どうしても背景を含めたその周辺世界も再現したくなるのでこういう構図になってしまいますね。





最終章は空いたら見に行こうかと。



次は第2次ウィーン包囲のフサリアでも描きます。




今回はここまでですな。
今年も来年も私は同じ調子で進む事でしょう。

ローマ市民諸君が善き日々を過ごされんことを!

勤勉だけが取り柄なら蟻と変わるところがない。

勤勉だけが取り柄なら蟻と変わるところがない。
なんのためにせっせと働くかが問題だ。

怖れるということほど、怖れるべきものはない。

人間は、自らが作り出した道具の道具になってしまった。

人の人生で最大の悲劇は、生きてはいても、彼の内部で何かが死んでいることだ。
――ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

金は鋳造された自由である。だから自由をすっかり剥奪された人間にとっては十倍も尊い。
金がポケットの中でちゃらちゃら鳴っていさえすれば、彼はもう、それを使うことができなくても、なかば慰安を与えられているのだ
――ドストエフスキー 死の家の記録




業務改善・環境改善のためのプロジェクトチームがランチミーティングで昼休みを潰して代替休憩時間なし、とかつまらん冗談みたいな話ですな。こういう本末転倒なことの積み重ねは非常にやる気を削がれますし、この手の人間の営みからさっさと離れたいという考えが強くなります。



まったくこれっぽっちも社会で活躍したいとは思わないので、政府の掲げる全員が活躍とかどうとかいうのはよく分からんですな。



台風が通り過ぎた翌日、多摩川があふれて兵庫島公園が沈没してました。売店とかゴミ箱とか清掃が大変そう。


平日に晴れてもどこも行けないというのに……。



結局予想通りでしたね。航海計画不備、見張り不足、航行上の基本的なルールの無視、機器を十分に扱えていない(たぶんレーダー見てないんだと思いますが……)、こういう不祥事が全世界に知れ渡ってしまったのですから大恥どころの話ではないのでしょう。権威とか威力に関わるでしょうし。明白な害意の無い貨物船相手でこの損害、最初から損害を与える意図を持って接近する船がいたらどんなことになっていたか、ですかね。


強力な兵器も機器も組織も、運用者がどうしようもなければ瞬時にがらくたと化す。反対に人がどう頑張ったところで道具や機器やシステムがショボイとどうにもならない事もあるのでしょう。両方が揃って初めて理想的な性能を発揮し、機能するのでしょうね。軍事に限らず、何においても。これが全体の水準に見られるものなのか、それともごく一部の特殊事例に過ぎないのか、大問題ですな。


・感覚的に生きる

治安、マナー、何でもイメージで語る人は多いものですが実際はどうなのでしょう。例えば「繁栄していた」「古き善き」昭和の治安がどうだったかは官庁・当局が公開している資料を見れば一目瞭然ですし(21世紀になってもそうしたデータの隠ぺい、捏造、改竄という事件もありましたけどね……)、モラルやマナーがどうだったかもよくよく考えれば分かりそうなものですけどね。男女の扱い、雇用機会や人生の選択の幅、セクハラや暴力のレベルや職場や電車での喫煙、ゴミのポイ捨て、大気汚染、食事の水準、住環境、娯楽の多様性、さて20世紀はどうだったか。結局のところ、冷静に長期的な統計や多数の事実や法整備の経緯を比較考量して考えるより、イメージや直感で人は判断することが多いのでしょうね。

無論、複雑多岐で到底一個人が把握困難な現象を抽象的なイメージやモデルにまとめて簡略化し、その概観を素早く掴むというのは人間が円滑な生活を営む上で必要不可欠な能力ではあるのでしょうけど、反面仕損じると現実からの乖離が著しくなるのではないかと。そうしたイメージや感覚は何によって形成されるかと言えば、人づての伝聞や報道でしょうか。そして噂やテレビやニュースや新聞の質はどうか……。森羅万象に通暁し、知悉するなど不可能ですから、せめて何でもすぐ鵜呑みにせず、確認する癖をつけたいものですな。




・自由飲酒主義者の日常

ぼんやりと空や植物の変化を眺めるくらいの余裕が欲しいものです。



どれだけ飲んでいるんだよ、と……。









グラナダの回は本当に良かったです。ビール飲んでワイン飲んでつまみがどんどん出てくるのですかね。やたらRTされてえらい目に遭いましたが、読解力不足の残念極まりない人はあまりおらず(中には酷いのもいますが)現地に行った人のコメントや米の水分割合で呼び方が違うなど詳しい人の意見もあって勉強になりました。つまみがつく代わりに酒が高いんじゃないかとか確認もせずに決めつけているアレな人が結構いますが、スペインのこの手の店では酒も安い上につまみがほいほいついてくるようです。やはり天国ですな。番組の店の店主はあまり儲からないけど楽しいし自分も客も幸せだからそれで十分だと言ってました。同業者が不当な値下げ競争に陥るような不健全な安売りはまずいですし、採算が合うようにするのは勿論ですけど、楽しいか、幸福かというのは重要項目だと思います。




元クロアチア人兵士のオーナーとセルビア人の凄腕コックがマネジメントする居酒屋、歴史的経緯をどう乗り越えていったのか興味深い回でした。



シュラスコってお菓子か何かだと思ってました。
ビールとカクテルとワインと肉が無限に出てくる良い場所でした。







繊細な和食はまだ未知の領域です。
訓練を積む必要がありますな。


こんないい加減な奴でも食べられる程度の料理は出来るのだからレシピとか過去の情報の蓄積というのは偉大ですな。




・旅と思ひ出

前は結構いろんなところに行っていたのですね。
こんな長期の休みはもう取れないでしょうけど。





















最近は近場くらいしか行く気力も時間もありません……駄目ですな。






・ゲームなど

とうとう発売ですな。遺跡が目の前に復活するようで楽しいゲームです。













軍人皇帝時代のローマ、アウレリアヌス帝の時代から始まるようです。





コックピット内で頭をぐりぐり動かすのが楽しそうです。



騎兵といえば騎兵か……。



気になりますな。あまり期待しすぎない方が良いのかもしれませんけど(悲観的)



宮崎駿監督がまた何か作るそうですが、自分としてはもうちょっと趣味全開というか娯楽寄りの作品を見てみたいです。
http://www.asahi.com/articles/ASKBX5T4ZKBXUCLV008.html
人が年経るにつれて若者に生きる希望をとか人生がどうとか、教え諭す様なテーマの映画を作りたくなるのは分かりますが……。
インタビューの度に監督が口にする、希望とか生きることへの肯定を示唆したいなら、だらだらと説教するのではなく実際に眼前に分かり易い「楽しいもの」を提示した方が良いのではないかと私は思うのですけどね。今さら大衆娯楽に迎合するのが嫌なのかもしれませんが、映画とはもともとそういうものだったのではないかと。
どういうタイプであるにせよ楽しみではありますけどね。

静かに本を貪り読みたい。




・お絵かき

史実に多少寄せた描写のアテナイやスパルタの映画を見てみたいですね。
アメコミ風の演出も面白いですけど。










次回はコップクラフトの絵でも描こうかと。
ローマ市民諸君が善き日々を過ごされんことを!

もし一年を通して太陽の日と雲の日とを数えてみれば

もし一年を通して太陽の日と雲の日とを数えてみれば、晴れた日の方が多かったということが分かるだろう
――オウィディウス

喜んだ人は喜びの種を忘れるが、悲しんだ人は悲しみの種を忘れない
――キケロ



平穏の連続は記憶になかなか刻まれにくいということですかね。

選挙結果は……そうなりますよね。という感じでしたな、意外性もなく。憲法をどうこうするという話もあるそうですが、以前公開された草案は何だかアレだったのでもう少し考えてほしいものです。紀元前からの法の歴史や憲法の発展と権力分立の経緯を勉強し直してからにしてほしいというか……。

悪事……疲弊と麻痺でほとんど考えることなく粛々と処理しそうですな。
大なり小なりそういう鈍感さと無神経さが社会を推進し、再生産と維持を促している側面もあるのでしょうけど。



高速道路、満員電車……世の中には何の益も無い事で絡んでくる人がいるので面倒臭いのからはさっさと立ち去るに限りますな。まともに相手をするのは時間と労力と機会の損失かと。酷いと命取りにすらなるというのが始末に負えないですね。


絡まれるまでもなくぶっちぎって行きましょう(そういう話ではなく?)


今乗ってるのを変えるつもりはありませんが5年前に買った時と比べて大分値段が跳ね上がりましたな。



こういうのをぼーっと考えている時が楽しいです。



流されそうですけど、この徹底的に気合の入った孤独ぶりは良いですね。



・自由飲酒主義の実践

グラーシュっぽいものを作る試み。
第3回? ちぎったパンを突っ込んで食べるのも良いです。







いつもと違うルーやスパイスの組み合わせというのもおもしろいですね。
今回はかなりコクが出て、深みのある味わいでした。







ビール最高!





こういうカラッとしたてんぷらを自分でも作れるようになりたいものですが。
唐揚げとかとんかつとか揚げ物は後始末が大変なのですよね。
休みの日にゆっくりやるしかないですな。



季節が変わるとまた別の味わいがありますな。
喰ってばかりですが。



この本の著者は日本における洋食普及に大いに貢献した人だったのですね。
知らずに参考にしてました。この場合のナポリタンはおそらく昭和っぽい喫茶店とかにあるケチャップの奴ではなく、ナポリのパスタを想定しているのでしょうな。



疲れるとぼんやり酒を飲むことしか考えられなくなりますな。




・色々見る。

街の色や建物のデザイン、インテリア、景観の調和、素材の選択、美的感覚、文化の違い、何故こうも違うのでしょうな。
気候や光の加減、効率・経済性に重きを置くか否かというのもあるのですかね、ナポリなどゴミが散らかって落書きがあって汚いところもあるのですが、あまりにでたらめな色使いとかはなかなか無いような……。





いや日本のゴチャゴチャした街並みにある種の趣があるのは分かるのですけどね。
amazonで孤独のグルメとか見ても、ぶらぶら路地裏を歩いていても雑多な街の活気や楽しさは伝わってきますし。

何度見ても格好いいです。



何とも皮肉なテーマに挑んでおりますな。



枢軸の内情、中立国での諜報機関の策謀など色んな視点も見てみたいです。



vitaでも出るんですね。寝る前にちょっとやるのが良さそうです。



プリニウス6巻。
好みの時代です。いずれ「四皇帝の年」が描かれるのですかね。





・お絵描き

通商・輸送路・拠点の位置、海軍の重要性、アテナイがいかに海や物流を重視していたかが分かりますね。そして政治の行く末、安易な同一視は良くないのでしょうけど、そうそう人間の営みは変わりませんな。








今回はここまで。次はスパルタの戦士でも描いてみましょうか。
ローマ市民諸君が善き日々を送られんことを!
軍団兵履歴

Legionarius

Author:Legionarius
主に世界史・戦史(東西問わず)の絵を描いております。

形式:Legionarius
状態:製造年月日から30年以上経過
使用燃料:Laphroaig,Bowmore,
Ballantine(12年が好ましいが財布が薄いのでfinest)
エンジン形式:惰性型酒冷4ストロークバルブ108気筒
始動形式:諦念あるいは深い溜息
搭乗機:CBR600RR07白→CBR1000RR2012に機種転換(乗り手に過ぎる良い機体ですがハイオクは財政が……)

音楽:(Bill Evans, Miles Davis, Dvořák, Linkin Park, Rammstein, Killswitch Engage, Enigma外)気に入れば何でも。

書物:ノンフィクション、歴史(ローマ史、古代ギリシャ,WW2外)、SF(ホーガン、ハインライン外)、最近はOsprey社の本ばかり。主にマクブライド先生のやつばかり。

漫画:(大陸軍は世界最強とかアララララーイとか)雑食。

ゲーム:ROME TOTAL WAR、MEDIEVAL TOTAL WAR
     CALL OF DUTY、S.T.A.L.K.E.R、SILENT HUNTER外

好きな陛下:Marcus Aurelius Antoninus、Flavius Claudius Julianus
好きな甲冑:ロリカ・セグメンタータ
好きなヴァンツァー:フロスト
好きなマクナブ:受領通知!!、カチカチ、カチカチ、続刊はいつですか。
以下、好きなギボン、サトクリフ、パウルカレル、スティーブンハンター、フォーサイス、ルカレ、エルロイなどと八万行に渡って続くので割愛。

辺境報告
往復書簡
オスティア港
記録抹殺刑を免れしもの
軍団基地施設案内
忠誠宣誓をした軍団兵の人数
神託を得る
pixiv
RSSリンクの表示
街道網
同盟申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード